[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

WEP

pointこの用語のポイント

point暗号化のやり方だよ

point無線LANの話で出てくるよ

point今はあまり使われていないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

WEPとは

無線LANにおける通信内容を暗号化するやり方のひとつだけど、結構しょぼかったから今はあんまり使われていないよ、のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

暗号は「特定のルールに従って、ぐちゃぐちゃに変換されたデータ」ね。

WEP

暗号は、そのまま見ても、内容が分かりません。
悪い人に勝手に盗み見られても、書かれている内容は分からない理屈です。

WEP2

暗号を作成する行為を「暗号化」と言います。
特定のルールに従って、元のデータをぐちゃぐちゃにする行為です。

WEP3

以上が暗号化に関する予備知識です。
次に無線LANについて説明します。

無線LANは「電波でビビビーな通信のやり方」です。
インターネットっぽい通信をする際のやり方の1つです。
線(LANケーブル)の代わりに電波を使って、情報を伝えます。

WEP4

無線LANは、電波ビビビーで通信相手とやり取りします。

WEP5

ビビビーな電波は空気中を自由気ままに飛び回ります。
そのため、悪い人に盗み見られる可能性が、線でつながっているときより高いのです。

WEP6

そこで、途中で盗み見られても内容が分からないように通信内容を暗号化します。

WEP7

これで安全です。
途中で盗み見られても、やり取りしている内容は分かりません。

WEP8

以上を踏まえて「無線LANの通信内容を暗号化する際の暗号化のやり方」のひとつが「WEP」です。
Wired Equivalent Privacy(ワイアード・イクイヴァラント・プライバシー)」の略で「WEP」ですが、別に覚える必要はありません。

WEP9

実は、WEPは結構しょぼくてですね。
比較的簡単に内容が解読できてしまうのです。

WEP10

そこで、WEPの代わりに「WPA」や「WPA2」という暗号化のやり方が作られました。

安全性は

(弱)WEP < WPA < WPA2(強)

です。
可能であれば、WEPではなく、WPAやWPA2を使うようにしてあげてください。

あと、将来的には、WPA2に代わる新しい暗号化方式もでてくるはずです。
WEPやWPAと同列に語られる見慣れない用語が出てきたら、暗号化のやり方だと判断して問題ないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「WEP」って単語が出てきたら「無線LANで通信内容を暗号化する際の、暗号化のやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク