[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

PresentationFontCache.exe

pointこの用語のポイント

pointWindowsのサービス「Windows Presentation Foundation Font Cache 3.0.0.0」で使う実行ファイルだよ

pointWPFでよく使うフォントデータをキャッシュするのがお仕事だよ

point私の環境では「%systemroot%\Microsoft.Net\Framework64\v3.0\WPF\PresentationFontCache.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

PresentationFontCache.exeとは

WPF(Windows Presentation Foundation)で頻繁に使うフォントをキャッシュするWindowsのサービス「Windows Presentation Foundation Font Cache 3.0.0.0」の実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

Windowsは「Microsoftさんが作っているOSの名前(のシリーズ名部分)」ね。
OSは、パソコンさんの「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんの人格に相当するソフトで、パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。

PresentationFontCache.exe

サービスは「Windows常駐プログラム」です。
常にメモリ上にいて、いつでもお仕事ができるようにスタンバっています。

PresentationFontCache.exe2

Windowsのサービスは、いろいろあります。
その中の一つが「Windows Presentation Foundation Font Cache 3.0.0.0」です。

Windows 7を例に説明しますが

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動すると、サービスの一覧の中に、名前が「Windows Presentation Foundation Font Cache 3.0.0.0」になっているサービスがあるはずです。

その行をべちべちっ!とダブルクリックすると「Windows Presentation Foundation Font Cache 3.0.0.0 のプロパティ」画面が開きます。

PresentationFontCache.exe3

「Windows Presentation Foundation Font Cache 3.0.0.0 のプロパティ」画面のサービスの説明欄には

頻繁に使用するフォント データをキャッシュして、Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションを最適化します。WPF アプリケーションは、このサービスを実行中でない場合にサービスを開始します。このサービスを無効にすることもできますが、その場合WPF アプリケーションのパフォーマンスが低下します。

と書いてありました。

PresentationFontCache.exe4

ポイントは

頻繁に使用するフォント データをキャッシュして、Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションを最適化します。

の部分です。

1.よく使うフォントキャッシュする
2.1により、WPFアプリケーションの動きが良くなる


と言っています。

「WPFアプリケーション」が分からない人もいると思いますが、取りあえず気にしないでください。
「WPFと呼ばれる種類のプログラムがあるんだな~」程度の解釈で大丈夫です。
実は私も、よく分かっていません。

キャッシュは「よく使うデータを取り出しやすいところに準備しておく仕組み」です。
つまり、このサービスを有効にしておくことによって、WPFでよく使うフォントをあらかじめ準備するようになります。
結果として、WPFの動きが(フォントを都度、用意する手間が省ける分)ちょびっとだけ速くなる理屈です。

逆に言えば、このサービスを無効にしても、WPFが動かなくなるわけでは、ありません。
ちょびっとだけ動きが遅くなる程度の影響です。

これが、Windows Presentation Foundation Font Cache 3.0.0.0の説明です。

あとは、肝心要の「実行ファイル」ですね。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

PresentationFontCache.exe5

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、WPFで頻繁に使うフォントをキャッシュするWindowsのサービス「Windows Presentation Foundation Font Cache 3.0.0.0」の実行ファイルが「PresentationFontCache.exe」です。

「PresentationFontCache.exe」は、私の環境では以下の場所にありました。

%systemroot%\Microsoft.Net\Framework64\v3.0\WPF\PresentationFontCache.exe

また「PresentationFontCache.exeのプロパティ」画面の説明欄には「PresentationFontCache.exe」と書いてあります。
プロパティ画面は「PresentationFontCache.exe」ファイルを右クリックして表示されたメニューの「プロパティ」を選択すると開きます。

PresentationFontCache.exe6

うん、プロパティの方には大したことが書いてありませんね。

なお、Windows Presentation Foundation Font Cache 3.0.0.0サービスを無効にする(「PresentationFontCache.exe」のお仕事スタンバイを解除する)やり方は以下の通りです。

まず

コントロールパネル
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス


と移動して、名前が

Windows Presentation Foundation Font Cache 3.0.0.0

の行をダブルクリックします。

そうすると「Windows Presentation Foundation Font Cache 3.0.0.0 のプロパティ」画面が開きますので「スタートアップの種類(E):」を「無効」にして「OK」ボタンを押します。

PresentationFontCache.exe7

これで、Windows Presentation Foundation Font Cache 3.0.0.0サービスが無効になるはずです。
「PresentationFontCache.exe」も、お仕事をしなくなります。

私は、邪魔なので無効化してしまいました。
キャッシュを無効にしても、動くことは動きますしね。

今のところ、それで不都合は生じていません。
もし何か問題が出たら、このページに追記します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「PresentationFontCache.exe」って単語が出てきたら「Windowsのサービス『Windows Presentation Foundation Font Cache 3.0.0.0』で使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク