[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

PIN

pointこの用語のポイント

point暗証番号だよ

point「PINコード」と同じ意味だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

PINとは

いわゆる「暗証番号」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

難しく考える必要は、ありません。
「暗証番号」をカッコ付けて言ったのが「PIN」です。

PIN

Personal Identification Number(パーソナル・アイデンティフィケーション・ナンバー)」の略で「PIN」ね。

Personal(パーソナル)の意味は「個人」です。
Identification(アイデンティフィケーション)の意味は「識別」です。
Number(ナンバー)の意味は「番号」です。

単純にくっつけると

個人識別番号

になります。
これだけでも、何となく意味は掴めますよね?

PINは、後ろに「コード」を付けて「PINコード」と表現される場合もあります。
日本語にすると「個人識別番号コード」なので「コード」は、いらない気もしますけどね。
きっと「PIN」だけだとイメージしにくいからでしょう。
PINとPINコードは、同じものを指していると解釈してかまいません。
どちらも「暗証番号」をカッコ付けて言っただけです。

また、PINの入力は数字4桁くらいであるのが一般的です。
銀行の暗証番号とかも、そうですよね?

PIN2

あとは……特に、説明することが思い浮かびません。
う~ん、何を書きましょう。

あっ、そうそう。

繰り返しになりますが、PINは暗証番号をカッコ付けて言っただけです。
言葉の響きに騙されないように、ご注意ください。

例えば「PINとパスワードの違いを、ご存知ですか?」や「これからの時代はパスワードではなくPINだ!」といったタイトルを見ると、興味をひかれる人もいるはずです。

ですが、ちょっと待ってください。

これは「暗証番号とパスワードの違いを、ご存知ですか?」や「これからの時代はパスワードではなく暗証番号だ!」と言っているのと同じです。

「暗証番号とパスワードの違いなんて知ってるよ!」「えっ?数字だけの暗証番号よりパスワードの方が安全そうじゃない?」となりませんか?

もちろん、みんながみんな、そうだとは言いません。
ですが、世の中には、言葉の響きのハッタリに頼る人もいます。

小難しそうな響きに騙されないように、ご注意ください。
「PIN」を「暗証番号」に読み替えて、大したことを言ってなければ、その人は多分ハッタリやろーか言葉足らずやろーです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「PIN」って単語が出てきたら「暗証番号なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク