[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ドラムユニット

pointこの用語のポイント

pointレーザープリンタとかコピー機の部品だよ

pointトナーを紙に転写するための部品だよ

pointトナーは、一旦ドラムユニットにくっついて、ドラムユニットにくっついたトナーが紙に転写されるよ

pointいろいろな呼び名があるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ドラムユニットとは

レーザープリンタとかコピー機の部品
であり

トナー(レーザープリンタやコピー機用のインク)を自分にくっつけて、その後、紙に転写するのが役目のやつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「プリンタ」と「レーザープリンタ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

プリンタは、ざっくり書くと「印刷する機械」です。
「これをちょっくら印刷してよ」とコンピュータさんから指示された内容を、紙やファイル出力するのが、お仕事です。

ドラムユニット

プリンタは、印刷のやり方によって、いくつかの種類に分類できます。
その分類のひとつで、レーザーでビーッ!ってやって印刷するプリンタを「レーザープリンタ」と言います。

ドラムユニット2

レーザープリンタはコピー機っぽい原理のプリンタです。
細かい部分は違うかもしれませんが、コピー機の親戚だと考えれば、そこまで間違ってはいないはずです。

レーザープリンターやコピー機用のインクは「トナー」と言います。
トナーは色付きの粉です。
この粉が紙に写ることで印刷されます。

ここまでは大丈夫でしょうか。

次に、レーザープリンタの仕組みを大雑把に説明していきます。
他のやり方もあるっぽいですが、一般的には以下の仕組みのはずです。

まずは、帯電させた「とある部品」にレーザーをビーッ!っと当てて、印刷したい絵を描きます。
私もよく分かっていませんが、レーザーを当てた部分だけ電圧が下がるのだそうです。

ドラムユニット3

次に「とある部品」にトナーをくっつけます。
詳しい理屈はすっ飛ばしますが、レーザーが当たったところにだけトナーが乗ります。

ドラムユニット4

次に「とある部品」と紙をぺちょっとくっつけます。
そうすると「とある部品」に乗っていたトナーが紙に写ります。
この時点で、レーザーで描かれた絵が紙に写りました。

ドラムユニット5

最後に、紙に熱と圧力をかけて、トナーをくっつけます。
上にふわっと乗っていたトナーを、ぎゅーっと押しつけるイメージです。

ドラムユニット6

実際には、もう少し複雑っぽいですけどね。
これがレーザープリンタの大雑把な仕組みです。

以上を踏まえて、この話における「とある部品」が「ドラムユニット」です。
感光ドラム」や「感光体ユニット」あるいは「ドラムカートリッジ」などと呼ばれる場合もあります。
見た目は筒状の部品です。

ドラムユニット7

ドラムユニットは、レーザーをビーッ!と当てられて、トナーをパラパラ振りかけられて、紙にぺちょっとくっつけられる、大忙しな部品です。
大忙しな部品ということは、大事な部品とも言えますね。
レーザープリンタやコピー機の核になる部品と言えると思います。

なお、ドラムユニットは消耗品です。
ずっと同じドラムユニットを使い続けていると、綺麗に印刷できなくなったりします。
トナーカートリッジ(トナーが入っている容器)同様、定期的に交換してあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ドラムユニット」って単語が出てきたら「トナーを紙に写すのが役目な、レーザープリンタとかコピー機の部品なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク