[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

フォワード

pointこの用語のポイント

pointあっちから来たのをこっちに送るよ

point手を加えないでそのまま送るよ

pointあるいは、バック(back)の逆だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

フォワードとは

「転送」のこと。
つまり

「あっち」にあったものを「そっち」に送ること
です。
あるいは

バック(back)の逆
を意図する場合もあります。

image piyo

詳しく書くよ

転送は「あっちからこっちに送ること」ね。

1.ほぼそのまま(手を加えないで)
2.送る


のが転送です。

フォワード

この転送の別の呼び方が「フォワード」です。
「forward」をカタカナ読みして「フォワード」ですね。

例えば「IPフォワード」という用語があります。
意味は「右から来たインターネットのデータを左に送り出してやること」です。
「インターネット用のデータを中継すること」とも言えます。

フォワード2

あるいは「ポートフォワード」という用語もあります。
意味は「特定のポートにやってきたデータを別のコンピュータに向かって送り出してやること」です。
「特定のポートにやってきたデータを中継すること」とも言えます。

フォワード3

このように、何かを転送、中継するのがフォワードです。

注意点として、たまに「バック(back)」の逆を意図して「○○フォワード」という用語になっている場合があります。

例えば「ロールフォワード」という用語です。
これは「ロールバック」の対義語です。
フォワードとバックが対になっています。

この場合の「フォワード」は転送とか中継の意味では、ありません。
単純にバック(後ろ)の逆でフォワード(前)です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「フォワード」って単語が出てきたら「あっちからこっちに送ること、もしくは、バックの逆なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク