[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

select文

pointこの用語のポイント

pointデータベースに対する指示だよ

point「これ、探してこい」な命令文だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

select文とは

「検索クエリ」のこと。
つまり

データベースさんに対する「これ、探してこい」な命令文のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

データベースは「データを入れておく箱」ね。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

select文

データベースに対する命令文を「クエリ」と言います。

select文2

クエリの種類は、いろいろあります。
その中でも、よく使うのが

1.あのデータを探してこい(検索)
2.このデータを入れておけ(登録)
3.このデータをこんな風に変更しろ(更新)
4.このデータを消せ(削除)


の4つです。

この4つのうち

1.あのデータを探してこい(検索)

なクエリを「検索クエリ」と言います。
データベースさんに対する「これ、探してこい」な命令文です。

select文3

それを踏まえて、検索クエリの別の呼び名が「select文(セレクトブン)」です。

データベースに命令するときに使う言葉で有名なのは「SQL」です。
SQLでは、データベースに対する「これ、探してこい」な命令文を以下の形式で書きます。

select 項目1, 項目2 from テーブル1 where 項目3='条件1';

いかがでしょう。
命令文が「select」で始まっていますよね。

よって、SQLによる検索クエリを意図して「select文」と言ったりします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「select文」って単語が出てきたら「データベースに対する『このデータを探してこい』な命令文なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク