[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

選択クエリ【DB】

pointこの用語のポイント

pointデータベースに対する指示だよ

point「これ、探してこい」な命令文だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

選択クエリ【DB】とは

「検索クエリ」のこと。
つまり

データベースさんに対する「これ、探してこい」な命令文のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「データベース」と「クエリ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

データベースは「データを入れておく箱」です。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

選択クエリ

データベースに対する命令文を「クエリ」と言います。

選択クエリ2

クエリの種類は、いろいろあります。
その中でも、よく使うのが

1.あのデータを探してこい(検索)
2.このデータを入れておけ(登録)
3.このデータをこんな風に変更しろ(更新)
4.このデータを消せ(削除)


の4つです。

以上を踏まえて、この4つのクエリのうち

1.あのデータを探してこい(検索)

なクエリが「選択クエリ」です。
データベースさんに対する「これ、探してこい」な命令文ですね。

選択クエリ3

選択クエリは「検索クエリ」とも呼ばれます。
どちらかといえば「検索クエリ」の方が一般的でしょうか。
選択クエリは、主にMicrosoft Accessで使われる表現です。

なお、その他のクエリについては

(1.検索:選択クエリ、検索クエリ)
2.登録:追加クエリ更新クエリ
3.更新:更新クエリ
4.削除:削除クエリ、更新クエリ


と呼びます。
ついでなので覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「選択クエリ」って単語が出てきたら「データベースに対する『このデータを探してこい』な命令文なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク