[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ランダム呼

pointこの用語のポイント

point呼(電話の発着信)だよ

point他の要素と関連性がないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ランダム呼とは

他の要素と関連性がなくて、かかってくるかもしれないし、かかってこないかもしれない、かかってくるとしても、いつかかってくるか分からない電話の発着信のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

(コ)は「電話をかけたり受けたりすること」です。
言い方を変えると、電話回線を使うことです。
ちょっと小難しい表現を使って「通話や通信を目的として通信設備を一時独占すること」と説明されることもあります。

ランダム呼

以上を踏まえて、他の要素と関連性がない電話の発着信が「ランダム呼」です。

かかってくるかもしれないし、かかってこないかもしれません。
仮にかかってくるとしても、いつかかってくるか分かりません。
そんな電話の発着信です。

教科書的な説明をすると、ランダム呼は

1.任意の時刻における呼の生起確率は同じ
2.任意の時刻における呼の生起確率は、それ以前に生起した呼とは無関係
3.十分に短い時間内における2つ以上の呼の生起確率は、無視できるほど小さい


の条件を満たす呼です。

ひとつずつ説明していきます。

「1.任意の時刻における呼の生起確率は同じ」は

いつでも条件は同じだよ!

の意味です。

現実には「深夜は寝てるから、電話がかかってこない」のような偏りがあり得ます。
それらの偏りは無視してね!な条件付けです。

「2.任意の時刻における呼の生起確率は、それ以前に生起した呼とは無関係」は

他の要素は無視してね!

の意味です。

現実には、留守番電話に入れた伝言に対する折り返しやワン切りに対する折り返しなどもあり得ます。
その場合、電話がかかってくる確率は普段より高いはずです。
それらの偏りは無視してね!な条件付けです。

1と2は、まとめて一言で

特定の外部条件に依存しない

とも言えます。
何の法則性もないよ!ランダムだよ!を意図した条件付けです。

最後の「3.十分に短い時間内における2つ以上の呼の生起確率は、無視できるほど小さい」は

イレギュラーケースは無視してね!

の意味です。

可能性の話で言えば、まったく同じタイミングで2人から電話がくることは、あり得ます。
その場合は、どちらかが話し中になるでしょう。
あるいは、電話をかけたタイミングで電話がかかってくることも、あり得ます。
それらの例外は無視してね!な条件付けです。

現実には天気や時間帯、その他の要因によって様々な偏りが出ます。
それらの偏りを無視して、完全にランダムに発生する(ということにした)呼がランダム呼です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ランダム呼」って単語が出てきたら「他の要素とは関連性がない、完全にランダムで発生する電話の発着信なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク