[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アーラン (erl)

pointこの用語のポイント

point呼量の単位だよ

point「1時間のうち、どれだけの時間(何時間)電話を使っていたか?」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アーラン (erl)とは

呼量の単位
であり

「電話をしていた延べ時間/時」な単位
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

電話をかけたり受けたりすることを「(コ)」と言います。
要は、電話回線を使うことです。
ちょっと小難しい表現を使って「通話や通信を目的として通信設備を一時独占すること」と説明されることもあります。

アーラン

ある一定の時間内に電話をかけたり受けたりした回数は「呼数(コスウ)」と言います。
ちょっと小難しい言い方をすると「単位時間あたりの発着信回数」です。

アーラン2

呼の開始から終了までの時間は「保留時間」と言います。
ちょっと小難しい表現を使うと「回線を占有している時間」です。
よく分からなければ「電話している時間」と解釈しても、かまいません。

アーラン3

ここからが大事です。

単位時間あたりの「どれだけ電話を使っていたかな~?」を示す値は「呼量(コリョウ)」と言います。
呼量を求める計算式は

呼数×平均保留時間÷測定時間

です。

アーラン4

それを踏まえて「1時間のうち、何時間、電話していたよ~」を示す呼量の単位が「アーラン」です。

例えば、そうですね。

ピヨ太君が30分の間に電話を3回かけました。
電話していた時間は、1回の電話につき平均6分です。

アーラン5

この場合の呼数は「3」です。
平均保留時間は「6分(0.1時間)」です。
測定時間は「30分(0.5時間)」になります。

このときの呼量は

3×0.1÷0.5



0.6アーラン

です。

このように、呼量を表す単位として「アーラン」を使います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アーラン」って単語が出てきたら「呼量の単位なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク