[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

呼量

pointこの用語のポイント

point単位時間あたりの電話使用量だよ

point1時間のうち、どれだけの時間(何時間)電話を使っていたか示す値だよ

point呼数×平均保留時間÷測定時間で計算されるよ

point単位は「アーラン」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

呼量とは

単位時間あたりの「どれだけ電話を使っていたかな~?」を示す値
であり

「1時間のうち、電話を使っていた時間は延べ何時間ですよ~」な値
であり

「呼数×平均保留時間÷測定時間」で計算される値
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

電話をかけたり受けたりすることを「(コ)」と言います。
要は、電話回線を使うことです。
ちょっと小難しい表現を使って「通話や通信を目的として通信設備を一時独占すること」と説明されることもあります。

呼量

ある一定の時間内に電話をかけたり受けたりした回数は「呼数(コスウ)」と言います。
ちょっと小難しい言い方をすると「単位時間あたりの発着信回数」です。

呼量2

例えば、ピヨ太君が1時間の間にピヨ子さんに3回電話をかけたとしましょう。

呼量3

その1時間の間に、ピヨ太ママから2回電話がありました。

呼量4

この場合の呼数は

発信3回 + 着信2回



5

です。

呼の開始から終了までの時間は「保留時間」と言います。
ちょっと小難しい表現を使うと「回線を占有している時間」です。
よく分からなければ「電話している時間」と解釈しても、かまいません。

呼量5

例えば、ピヨ太君がピヨ子さんに電話をかけたとしましょう。

呼量6

ピヨ太君はピヨ子さんと30分お喋りしました。

呼量7

この場合の保留時間は

30分(0.5時間)

です。

ここまでを踏まえて

呼数×平均保留時間÷測定時間

の式で計算される値が「呼量(コリョウ)」です。
単位時間あたりの「どれだけ電話を使っていたかな~?」を示しています。
呼量の単位は「アーラン」を使うことが多いです。

呼量8

せっかくなので、もう少し計算式を紐解いてみましょう。

呼数×平均保留時間



延べ保留時間

と言い換えられます。
「何回、電話を使いましたよ~」と「1回の電話で○時間、話しましたよ~」をかけて求められる値は「全部で○時間、話しましたよ~」ですからね。

よって

呼数×平均保留時間÷測定時間

の式は

延べ保留時間÷測定時間

と置き換えられます。

呼量9

延べ保留時間を測定時間で割るということは、求められるのは

単位時間あたりの保留時間

です。

確か、保留時間は「電話をしていた時間」でした。
また、単位時間は「1時間」を使うのが一般的です。

つまり

単位時間あたりの保留時間



1時間あたりの電話をしていた時間

と言いかえられます。

そうです。

1時間あたりの「何時間、電話をしていたか?」を示す値が呼量なのです。

呼量が0.5アーランであれば「1時間のうち、30分は電話していたよ~」の意味です。
呼量が1アーランであれば「1時間のうち、1時間ずっと電話していたよ~」の意味になります。

それを踏まえて、具体的な例を見てみましょう。

ある日のことです。
ピヨ太君が30分の間に電話を3回かけました。
電話していた時間は、1回の電話につき平均6分です。

呼量10

この場合の呼数は「3」です。
平均保留時間は「6分(0.1時間)」です。
測定時間は「30分(0.5時間)」になります。

このときの呼量は

3×0.1÷0.5



0.6アーラン

です。

事実として、ピヨ太君は0.5時間のうち、0.3時間(3×0.1時間)は電話をしていました。
それを元にして「もし1時間だったら、0.6時間は電話しているよね?」と判断しているわけです。

ここまでは、何となく分かったでしょうか。
「1時間のうち、何時間電話していたの?」を示す値が呼量です。

ふむふむ、なるほど。

1時間は最大1時間です。
ということは、呼量の範囲は「0」アーランから「1」アーランの間になるわけですね。

残念ながら違います。

回線が1つだけとは限らないからです。
回線が2つ以上あれば、呼量が「1」アーランを超えてもおかしくありません。

例えば、電話回線が2つあったとしましょう。

呼量11

片方をピヨ太が使っています。
もう片方をピヨ子さんが使っています。

呼量12

なんと!
2人は1時間ずっと電話で話しっぱなしでした。

呼量13

このときの呼数は「2」です。
ピヨ太君がかけた分とピヨ子さんがかけた分ですね。

平均保留時間は「1時間」です。
2人とも1時間ずっと話しっぱなしでしたからね。

最後に、測定時間は「1時間」としましょう。

この条件を元に呼量を求めると

2×1÷1



2アーラン

になります。

意味は「1時間あたり、2時間電話していたよ!」です。
おかしいけど、おかしくないですよね?

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「呼量」って単語が出てきたら「単位時間あたりの、電話をしていた時間の合計なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク