[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

エニーキャストアドレス (anycast address)

pointこの用語のポイント

pointIPアドレスだよ

pointそのIPアドレスに送ると、紐付いた複数の機器のうち、一番近くの機器に届くよ

pointIPv6で導入された仕組みだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

エニーキャストアドレス (anycast address)とは

「一番、近場のやつに届けてやるよ!」なIPアドレス。
もう少し具体的に書くと

IPv6で導入された仕組みで、そのIPアドレス宛に送ると、そのIPアドレスと紐付いた複数の機器のうち、一番近くにある機器に届くようになっているIPアドレスのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」ね。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。

エニーキャストアドレス

IPアドレスには「IPv4」と呼ばれる形式と「IPv6」と呼ばれる形式があります。

IPv4は、今まで普通に使っていたIPアドレスです。
「192.168.1.1」みたいな形式になっています。

IPv6は、これから普及していくであろうIPアドレスです。
IPv4形式のIPアドレスが足りなくなったので作られました。
「8fe0::8f61:ac8:30cd:a16e」みたいな形式になっています。

ここでは

IPアドレスにはIPv4形式とIPv6形式がある

というのを覚えておいてください。

それを踏まえて、本題です。

ズバリ!

1.1つのIPアドレスに複数の機器が紐付いている
2.そのIPアドレス宛に送ると、複数の機器のどれか1つに届く
3.届く先は一番近いところにある機器


なIPアドレスが「エニーキャストアドレス」です。

エニーキャストアドレス2

エニーキャストアドレスはIPv6で導入されました。
IPv4には、ありません。

例えば、ここにコンピュータが5台あったとします。

エニーキャストアドレス3

そして、この5台のコンピュータと紐付けられたエニーキャストアドレスがあります。

エニーキャストアドレス4

この状態で、ピヨ太君がエニーキャストアドレス宛にデータを送りました。

エニーキャストアドレス5

ピヨ太君の一番近くにいるのはコンピュータAでした。
ピヨ太君が送ったデータはコンピュータAに届きます。
B~Eには届きません。

エニーキャストアドレス6

次に、ピヨ子さんがエニーキャストアドレス宛にデータを送りました。

エニーキャストアドレス7

ピヨ子さんの一番近くにいるのはコンピュータEでした。
ピヨ子さんが送ったデータはコンピュータEに届きます。
A~Dには届きません。

エニーキャストアドレス8

おやおや、ピヨ太君がデータを送った先とピヨ子さんがデータを送った先は同じです。
どちらも同じIPアドレス(エニーキャストアドレス)宛に送りました。

エニーキャストアドレス9

ですが、データが届いた先は違います。
ピヨ太君が送ったデータはピヨ太君の一番近場の機器、ピヨ子さんが送ったデータはピヨ子さんの一番近場の機器に届きました。

エニーキャストアドレス10

このように、送った人によって送り先が変わる、登録されている機器のうち送った人の一番近くにある機器に届けてくれるIPアドレスがエニーキャストアドレスです。

エニーキャストアドレスは、いわば受付窓口です。
本社にいて、お客さまからの依頼の電話を待っています。

エニーキャストアドレス11

お客様から依頼を受けると、全国にある支店のどれかに依頼を伝えます。

エニーキャストアドレス12

受付窓口が伝える先を選ぶポイントは、お客さまの住んでいるところです。
お客さまが神奈川在住であれば神奈川支店に依頼を伝えます。
埼玉在住であれば埼玉支店に依頼を伝えます。

エニーキャストアドレス13

このようにしておけば、お客様の近くにいる人が対応できます。
対応までにかかる時間が短くて済むでしょう。

また、複数人で仕事を分担できます。
仮に神奈川支店のピヨ太君が腹痛でトイレにこもりっぱなしになったとしましょう。

エニーキャストアドレス14

でも大丈夫です。
使い物にならないピヨ太君は、いないことにします。

拾い食いをしたピヨ太君は自己管理が甘いのです!
クビです!

そうすれば2番目に近い隣県の支店、例えば山梨支店の人が代わりに指名されます。

エニーキャストアドレス15

つまり、リスク分散ができるわけです。

この話における受付窓口がエニーキャストアドレスです。
それぞれの支店はエニーキャストアドレスと紐付いている機器の位置付けです。

なお、実際に何をもって「近くにある」と判断するかは、私もよく分かっていません。
根拠のない推測ですが

1.飛び越える障害の数が少ない
2.返事が返ってくるまでが速い


のどちらかでしょうか。

1の「障害」はルータとかの中継機器を意図しています。
たどり着くまでルータを3つ経由する機器より、1つしか経由しない機器の方が近そうな気がしませんか?

2は単純に移動距離です。
何となくですが、返事が返ってくるまでの時間が速い方が近いような気がしませんか?

このどちらかが判断基準だと思います。

……が、調べていないので、実際のところは分かりません。
具体的なことは他のところで勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「エニーキャストアドレス」って単語が出てきたら「登録されている中で一番近くのやつに届けてやるぜ!なIPアドレスなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク