[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

トラヒック

pointこの用語のポイント

pointネットワークを流れる情報(量)だよ

point「トラフィック」と書く場合もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

トラヒックとは

「トラフィック」のこと。
つまり

ネットワーク上を流れる情報(量)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

トラフィックは「ネットワークを流れる情報(量)」ね。
「情報だ!」という説明と「情報『量』だ!」という説明があって、どちらが正しいのか分かりませんでした。
「トラフィックが増加した」とか言いますので、量に関する用語ですかね。
ネットワークを道路、流れる情報を車だと考えれば「交通」や「交通量」のようなニュアンスです。

トラヒック

それを踏まえて、トラフィックの別の表現が「トラヒック」です。

アルファベットで書くと「traffic」なので個人的には「トラフィック」の方が馴染みがありますが、電気通信関係?では「トラヒック」と表現することもあるようです。

どちらか迷った場合は「トラフィック」にしておいた方が無難だと思います。
専門外の人には「トラフィック」の方が通りが良いはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「トラヒック」って単語が出てきたら「ネットワークを流れる情報(量)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク