[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

拡張現実 (AR)

pointこの用語のポイント

point現実世界と仮想世界を融合させるための技術だよ

point現実世界に仮想世界を加えるよ

point現実世界がスーパー現実世界になるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

拡張現実 (AR)とは

あなたの目に見えている現実の世界にコンピュータが作り出した仮想世界を足しこむことによって、パワーアップしたスーパー現実世界を作り出すための技術とかあれやこれやのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「現実世界に仮想世界を足しこむための技術とか、あれやこれや」が「拡張現実」です。
Augmented Reality(アーギュメンティド・リアリティ)」を省略して「AR」とも呼ばれます。

例えば、そうですね。
ここにピヨ太君がいます。

拡張現実(AR)

ピヨ太君は地に足が付いた、しっかり者です。
きちんと現実が見えています。

拡張現実(AR)2

このピヨ太君が見えている現実世界にコンピュータさんが作り出した仮想世界を少しだけ足しこみます。

拡張現実(AR)3

そうすると、ピヨ太君の目に映るのは、本当の現実世界より少しだけ夢の世界に近づいた世界です。
いわば「スーパー現実世界」と言えるでしょう。

拡張現実(AR)4

このスーパー現実世界を作るための技術とか、あれやこれやの総称が「拡張現実(AR)」です。
「現実」を「拡張」するための技術とか、あれやこれやですね。

拡張現実(AR)5

ARを使って実現できることは、いろいろあります。

例えば、スマートフォンのカメラを通して見ることによって、現実世界にはいないモンスターが見えたりですね。
専用のメガネを通して見ることで、相手の強さを測定できたりですね。
なんか、いろいろです。

大雑把な説明としては、そんなところです。
あとの難しいことは、他のところで情報を補完してください。

ちなみに、拡張現実(AR)とよく対比されるものに「仮想現実(VR)」と「複合現実(MR)」があります。
※2016年7月時点の状況です。今後、もっといろいろな「○○現実(○R)」が増える可能性はあります。

せっかくなので、簡単に触れておきましょう。

仮想現実(VR)は「現実世界を仮想世界に置き換えるための技術とか」です。
ピヨ太君が見えている現実世界をコンピュータさんが作り出した仮想世界に置き換えるための技術とかを指します。
言わば「夢の世界を見せるための技術」ですね。

拡張現実(AR)6

複合現実(MR)は「現実世界と仮想世界を融合するための技術とか」です。
ぶっちゃけ、私もいまいち定義が分かっていません。
AR以上に現実世界に仮想世界の要素を加えたり、反対に、VRに対して現実世界の要素を反映させたりすることによって、現実世界と仮想世界を融合させる技術っぽいです。

イメージはARとVRの中間でしょうかね。
「半分夢の世界を見せるための技術」と言えると思います。

拡張現実(AR)7

せっかくなので、全部まとめて覚えてあげてください。

・拡張現実(AR):現実世界に仮想世界を足す
・複合現実(MR):現実世界と仮想世界を融合させる
・仮想現実(VR):現実世界を仮想世界に置き換える


ための、あれやこれやです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「拡張現実(AR)」って単語が出てきたら「現実世界に仮想世界を足しこむためのあれやこれやなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク