[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ICMPv6

pointこの用語のポイント

point通信プロトコルだよ

pointインターネット関連の通信状況を確認するときに使うよ

pointIPv6用だよ

pointARPとかの代替えでもあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ICMPv6とは

通信するときに使うお約束事(通信プロトコル)のひとつ
であり

「インターネットがちゃんとつながっているかな~?」を確認するときに使うお約束事(ICMP)……のIPv6版
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」ね。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。

ICMPv6

IPアドレスには「IPv4」と呼ばれる形式と「IPv6」と呼ばれる形式があります。

IPv4は、今まで普通に使っていたIPアドレスです。
「192.168.1.1」みたいな形式になっています。

IPv6は、これから普及していくであろうIPアドレスです。
IPv4形式のIPアドレスが足りなくなったので作られました。
「8fe0::8f61:ac8:30cd:a16e」みたいな形式になっています。

まずは

IPアドレスにはIPv4形式とIPv6形式がある

というのを覚えておいてください。

次に「ICMP」について説明します。

ICMPは、通信するときのお約束事です。
通信プロトコル」と呼ばれるやつです。
何をするときに使うお約束事かというと「インターネットがちゃんとつながっているかな~?」を確認するときに使います。

ICMPv62

さて、このICMPですが、IPv4で使うことを想定して作られています。

あれ?
確か、IPアドレスにはIPv4形式とIPv6形式があるのでした。
IPv6では、どうしましょうか?

うん、IPv6で使えるICMPが必要ですね。

そう考えた、どこかの誰かが作ったのが「ICMPv6」です。
役割としてはICMPと、ほぼ同じです。
IPv6で「インターネットがちゃんとつながっているかな?」を確認するときに使います。

ICMPv63

実際には、完全に同じでは、ありませんけどね。

例えば、IPv4では「ARP」と呼ばれる仕組みがあります。
ARPは「このIPアドレスを使っている機器のMACアドレスは何ですか~?」を調べる仕組みです。
IPアドレスを元にして、対応するMACアドレスに変換します。

ICMPv64

このARPがIPv6には、ありません。
代わりにICMPv6を使います。

他にも、あれやこれやの違いがあります。
具体的なことは、他のところで勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ICMPv6」って単語が出てきたら「ICMPのIPv6版なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク