[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

親プロセスID (PPID)

pointこの用語のポイント

point自分の親のプロセスIDだよ

point親プロセスを特定するための情報だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

親プロセスID (PPID)とは

プロセス(実行中のプログラム)にくっついている「僕の親はこいつです!」な情報
であり

自分の親プロセスのプロセスIDを示す情報
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

プロセスは「メモリを使って、なんかやっているプログラムひとつひとつ」ね。
プログラムは、動いていればメモリを使っています。
よく分からなければ「実行中のプログラム」と読み替えてください。

親プロセスID(PPID)

プロセスには、識別用の番号が割り振られています。
この識別用の番号を「プロセスID(PID)」と言います。

親プロセスID(PPID)2

また、プロセスは処理の過程において、別のプロセスを作ることがあります。
別のプロセスを作ったプロセス、元からいた方のプロセスを「親プロセス」と言います。
作られた方のプロセスは「子プロセス」です。

親プロセスID(PPID)3

それを踏まえて、プロセスにくっついている「僕の親はこいつです!」な情報、自分の親プロセスのプロセスIDを示す情報が「親プロセスID」です。
Parent Process ID(ペアレント・プロセス・アイディー)」を省略して「PPID」と表現される場合もあります。

例えば、そうですね。
ここに「ピヨ太ママ」プロセスがあったとしましょう。

親プロセスID(PPID)4

ピヨ太ママにはプロセスID「10」が割り振られていました。

親プロセスID(PPID)5

ある日のことです。
ピヨ太ママは、子どもの「ピヨ太」プロセスを生みました。

親プロセスID(PPID)6

これで、ピヨ太ママは親プロセスになりました。
ピヨ太君は子プロセスです。

親プロセスID(PPID)7

子プロセスのピヨ太君もプロセスです。
ピヨ太君にはプロセスID「20」が割り振られました。

親プロセスID(PPID)8

ピヨ太君の親は、ピヨ太ママです。
ピヨ太ママのプロセスIDは「10」でした。
ピヨ太君の親プロセスID(PPID)は「10」になります。

親プロセスID(PPID)9

もちろん、ピヨ太ママにも親がいますよ。
具体的な番号は知りませんが、ピヨ太ママも親プロセスIDを持っています。

なお、すべてのプロセスのご先祖様は「initプロセス」と呼ばれているプロセスです。
親プロセスIDをたどっていけば、最終的にはinitプロセスに到着します。

親プロセスID(PPID)10

initプロセスのプロセスIDは必ず「1」になります。
親プロセスID(PPID)が「1」であれば、親がinitプロセスだと判断してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「親プロセスID(PPID)」って単語が出てきたら「親プロセスのプロセスIDを示す情報なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク