[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

プロセスグループ (process group)

pointこの用語のポイント

pointプロセスの集まりだよ

point複数のプロセスをまとめて扱うための仕組みだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

プロセスグループ (process group)とは

人間の世界でいう「世帯」みたいなもの。
もう少し具体的に書くと

複数のプロセス(実行中のプログラム)を一緒くたにして扱うための仕組み
であり

複数のプロセスをひとまとめにしたもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

プロセスは「メモリを使って、なんかやっているプログラムひとつひとつ」ね。
プログラムは、動いていればメモリを使っています。
よく分からなければ「実行中のプログラム」と読み替えてください。

プロセスグループ

それを踏まえて、複数のプロセスをひとまとめにしたものが「プロセスグループ」です。
プロセスグループは、複数のプロセスを一緒くたにして扱うための仕組みです。

プロセスグループ2

例えば、そうですね。
ここに「ピヨ太ママ」プロセスがあったとしましょう。

プロセスグループ3

プロセスには識別用のIDプロセスID、PID)が割り振られます。
ピヨ太ママにはプロセスID「10」が割り振られました。

プロセスグループ4

ある日のことです。
ピヨ太ママは、子どもの「ピヨ太」プロセスを生みました。

プロセスグループ5

これで、ピヨ太ママは親プロセスになりました。
ピヨ太君は子プロセスです。

プロセスグループ6

子プロセスのピヨ太君もプロセスです。
識別用のID(プロセスID)を割り振られます。
ピヨ太君にはプロセスID「20」が割り振られました。

プロセスグループ7

これで、ピヨ太ママとピヨ太君をそれぞれ指定できますね。

「PID:10」を指定すれば、ピヨ太ママを指定したことになります。

プロセスグループ8

「PID:20」を指定すれば、ピヨ太君を指定したことになります。

プロセスグループ9

さて、ここでちょっと考えてみてください。
ピヨ太ママとピヨ太君、ピヨピヨ親子をまとめて指定したいときは、どうしましょうね?

これを実現するための仕組みが、プロセスグループです。

ピヨ太ママには、プロセスID「10」が割り振られていました。
実は、ピヨ太ママには、世帯識別用のIDも割り振られているのです。

世帯識別用のIDは「プロセスグループID(PGID)」と言います。
ピヨ太ママにはプロセスグループID「100」が割り振られていたとしましょう。

プロセスグループ10

ピヨ太君にも世帯識別用のID(プロセスグループID)が割り振られます。

ピヨ太君はピヨ太ママの子どもです。
世帯は同じです。
プロセスグループIDもピヨ太ママと同じになります。

ピヨ太君のプロセスグループIDは、ピヨ太ママと同じ「100」です。

プロセスグループ11

これでピヨ太ママとピヨ太君をまとめて指定できますね。
「PGID:100」を指定すれば、ピヨ太ママとピヨ太君、両方を指定したことになります。

プロセスグループ12

イメージは、プロセスID(PID)が名前です。
プロセスグループID(PGID)が名字です。

「太郎!」のように名前を呼べば、太郎君個人が反応します。
プロセスIDを指定すれば、該当するプロセスを指定したことになります。

「鈴木!」のように名字を呼べば、鈴木一家全員が反応するでしょう。
プロセスグループIDを指定すれば、該当するプロセスの集まりを指定したことになります。

プロセスは個人です。
1つのプロセスを指します。

プロセスグループは世帯です。
プロセスの集まりを指します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「プロセスグループ」って単語が出てきたら「プロセスの集まりなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク