[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

nice値

pointこの用語のポイント

pointプロセスの優先度だよ

pointUNIX系のOSにおける呼び名だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

nice値とは

プロセス(実行中のプログラム)の優先度のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「プロセス」のあれやこれやについて簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

プロセスは「メモリを使って、なんかやっているプログラムひとつひとつ」です。
プログラムは、動いていればメモリを使っています。
よく分からなければ「実行中のプログラム」と読み替えてください。

nice値

プロセスには優先度があります。

……と、いきなり書きましたが、身構える捉える必要は、ありません。
考え方は、人間様の世界の優先度と同じです。

例えば、ピヨ太君が宿題をやっていたとします。

nice値2

そこにピヨ子さんがやってきて「ケーキが食べたいわ。買ってきてよ」と言いました。

nice値3

ピヨ太君のやるべきことは

1.宿題をやる
2.ピヨ子さんのケーキを買ってくる


の2つになりました。

この2つのうち、大事なのは「ピヨ子さんのケーキを買ってくる」です。
宿題を忘れてもピヨ太君が怒られるだけですが、ピヨ子さんが不機嫌になったら命の危険があります。

つまり、ピヨ太君にとって

1.宿題をやる → 優先度:低
2.ピヨ子さんのケーキを買ってくる → 優先度:高


なわけです。

ピヨ太君は宿題を放り出して、ピヨ子さんのケーキを買いに行きました。

nice値4

パソコンさんの世界も同じです。

前提として、プログラムがお仕事をするときには、CPUを使います。
CPUはパソコンさんの脳みそです。
実際の計算とかをやってくれる部品です。

nice値5

例えば、プログラムAとプログラムBが同時に動いているとします。

nice値6

プログラムAとプログラムBは頑張って働きます。
このとき、処理のタイミングによっては、同時にCPUを使うことになります。

nice値7

CPUが1つの場合は、同時に2つのプログラムを相手できません。
仕方がないので、CPUさんは、どちらかに「ちょっと待っててよ」と言います。
順番に1つずつ相手をするのです。

nice値8

それでは、どちらを待たせましょうね?
どっちのプログラムを贔屓しましょうか?

その判断基準となるのが、優先度です。

CPUは、優先度の高いプログラムの方を先に相手します。
優先度の低いプログラムは、優先度の高いプログラムの相手が終わるまで待たせます。

nice値9

以上を踏まえて、UNIX系のOSLinuxとか)における、プログラムの優先度を示す値が「nice値(ナイスチ)」です。
難しく考える必要はありません。
「nice値」と出てきたら「優先度」と読み替えてください。

nice値10

優先度を指定してプログラムを実行するときには「nice」というコマンドを使います。

nice値を設定するからniceコマンドなのか、niceコマンドで設定するからnice値なのかは知りません。
卵が先か鶏が先かみたいですね。

あと、実行中のプログラムの優先度を変更するコマンドは「renice」です。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「nice値」って単語が出てきたら「実行中のプログラムの優先度なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク