[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ルートフォルダ (root folder)

pointこの用語のポイント

pointフォルダだよ

point一番上だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ルートフォルダ (root folder)とは

「これ以上は上に行けないよ」なフォルダ
です。

image piyo

詳しく書くよ

ルート」+「フォルダ」で「ルートフォルダ」です。

ルートフォルダ

ルートは「枝分かれ構造の根っこの部分」ね。

ルートフォルダ2

フォルダは、コンピュータの世界における「書類入れ」です。
とはいえ、普通に「フォルダ」って言えば分かりますよね?

ルートフォルダ3

つまり、フォルダを枝分かれ構造で表現した際の根っこ部分に相当するフォルダが「ルートフォルダ」です。
「枝分かれ構造で表現した際の根っこ部分」と言われると分かりにくいかもしれませんが、要するに一番上のフォルダのことです。

ルートフォルダ4

例えば、そうですね。

C:\Windows\hoge.txt

と書くと

一番上(外側)のフォルダ「C:」の中にある「Windows」フォルダの中にある「hoge.txt」ファイル

の意味になります。

ルートフォルダ5

同様に

C:\test\hoge2.txt
C:\test\hoge3.txt

と書くと

一番上(外側)のフォルダ「C:」の中にある「test」フォルダの中にある「hoge.txt2」ファイル
一番上(外側)のフォルダ「C:」の中にある「test」フォルダの中にある「hoge.txt3」ファイル

の意味になります。

ルートフォルダ6

これをまとめて1つの図で示すと、一番上(外側)のフォルダ「C:」から「Windows」フォルダと「test」フォルダに枝分かれして、それぞれのフォルダの中にファイルがある、枝分かれ構造になります。

ルートフォルダ7

ここで、一番上(外側)のフォルダ「C:」に注目してください。
フォルダの枝分かれ構造における根っこです。

ルートフォルダ8

このフォルダが、ルートフォルダです。

ルートフォルダ9

ちなみに「フォルダ」は、主にWindows系やMac系で使われる表現です。
「ルートフォルダ」という表現も、基本的にはWindows系やMac系で使います。

UNIX系やDOS系では、フォルダに相当するものは「ディレクトリ」と呼ばれます。
それに伴い、UNIX系やDOS系では「ルートディレクトリ」と表現されることが多いと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ルートフォルダ」って単語が出てきたら「一番上のフォルダなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク