[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

nice【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

point優先度を変えてプログラムを実行するよ

pointcsh系ではビルトインコマンド版があるよ

pointビルトインコマンドか否かで書き方が違うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

nice【コマンド】とは

優先度を変えてプログラムを実行するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

優先度を変えてプログラムを実行するときに使うコマンドが「nice」コマンドです。
UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

「nice」コマンドの書き方は

nice [オプション] [実行するプログラム]

です。

オプションは、少しだけあります。

オプション説明
-【数値】増減させる優先度を指定する。例えば優先度「10」の状態で「-5」を指定すると「15」になる
-n【数値】増減させる優先度を指定する。例えば優先度「10」の状態で「-n 5」を指定すると「15」になる
add integer N to the niceness (default 10)
--adjustment=【数値】増減させる優先度を指定する。例えば優先度「10」の状態で「--adjustment=5」を指定すると「15」になる
add integer N to the niceness (default 10)
--helpヘルプを表示する
display this help and exit
--versionバージョン情報を表示する
output version information and exit

ですね。

使い方は簡単です。
優先度の増減値と実行するプログラムやコマンドを指定するだけです。

例えば

nice -3 ls



nice -n 3 ls

もしくは

nice --adjustment=3 ls

を実行すると、もともとの優先度に「+3」された状態で「ls」コマンドが実行されます。

使い方は、これだけです。

ただし、csh系cshtcsh)のシェルを使っている場合は注意が必要です。
csh系には、ビルトインコマンドの「nice」コマンドがあります。

私は普段tcshを使っているのですが、その状態で

which nice

を実行したところ

nice: shell built-in command.

と表示されました。
その状態で

nice -n 3 ls

を実行したところ

nice: Badly formed number.

と表示されてエラーになりました。
どうやら、ビルトインコマンドの「nice」コマンドは「-n」や「--adjustment=」を指定した形では実行できないようです。

ビルトインコマンドの「nice」コマンドを使うときには

nice [優先度] [実行するプログラム]

で指定します。
例えば

nice +3 ls

を実行すると、優先度「3」で「ls」コマンドが実行されます。

nice -3 ls

を実行すると、優先度「-3」で「ls」コマンドが実行されます。

csh環境でビルトインコマンドではない方の「nice」コマンドを使いたい場合は

/usr/bin/nice -n 3 ls

のようにフルパスで指定するか、事前に

alias nice /usr/bin/nice

を実行して、エイリアス(別名)を割り当てておいてください。

csh系のシェルを使っている人は気を付けてくださいね。
ビルトインコマンドか否かで書き方が違いますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「nice」ってコマンドが出てきたら「優先度を変更してプログラムを実行するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク