[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

デコーダ (decoder)

pointこの用語のポイント

pointソフトだよ

pointエンコードしたデータを元に戻すのがお仕事だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

デコーダ (decoder)とは

デコード用のソフトのこと。
もう少し噛み砕いて書くと

他の形式へ変換したデータを元に戻すのがお仕事のソフトのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

エンコード
エンコーダ
デコード


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

エンコードは「データを他の形式へ変換すること」です。

デコーダ

エンコードがお仕事のソフトは「エンコーダ」と言います。

デコーダ2

エンコードの逆、エンコードされたデータを元の形式へ戻すのは「デコード」です。

デコーダ3

以上を踏まえて、デコードをするのがお仕事のソフトが「デコーダ」です。
「デコード(decode)」+「~する人(er)」で「デコーダ(decoder)」ですね。
「人じゃないじゃん!」とツッコミたくなるかもしれませんが、ゆるく捉えてください。

デコーダ4

せっかくなので、エンコーダとデコーダはセットで覚えてあげてください。

・エンコーダ:データの形式を変換するやつ
・デコーダ:変換したのを戻すやつ


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「デコーダ」って単語が出てきたら「変換したデータを元に戻すためのソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク