[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

javac

pointこの用語のポイント

pointコマンドだよ

pointコンパイラだよ

pointJava用だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

javacとは

Javaのソースファイルをコンパイルするのがお仕事のプログラム
であり

Javaのソースファイルをコンパイルするときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

Javaは、プログラミング言語の一つね。
プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉です。

プログラムというのは一般的に、まず、人間語で元ネタ(ソースコード)を作ります。
人間語で書かれたプログラムの元ネタファイルは「ソースファイル」です。

javac

次に「コンパイル」という作業を通して、コンピュータが分かる形に変換します。

javac2

これでコンピュータさんは、プログラムの内容を理解できるようになりました。
あとは実際に動かします。

javac3

いろいろと端折りましたが、これが、プログラムができるまでの流れです。

プログラムを作るときには、コンパイルしてくれるやつが必要です。
コンパイルしてくれるやつは「コンパイラ」と呼ばれます。

javac4

それを踏まえて、Javaのソースファイルをコンパイルするのがお仕事のプログラム(コンパイラ)が「javac」です。
「javac」の「c」は恐らく「compiler(コンパイラ)」の「c」でしょう。
Windowsの場合は「javac.exe」という名前の実行ファイルが本体です。

javac5

Javaのソースファイルをコンパイルするときには、そのものズバリ「javac」というコマンドを使います。
例えば

javac test.java

を実行すると「test.java」がコンパイルされて「test.class」という名前の(コンピュータさんが分かる形になった)ファイルが、できあがります。

javac6

ですから、javacは「コンパイラである」とも言えますし「コンパイル用のコマンドである」とも言えます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「javac」って単語が出てきたら「Javaのソースファイルをコンパイルするプログラム(コマンド)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク