[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

机上デバッグ

pointこの用語のポイント

point不具合の原因を探すよ

pointソースコードを、じーっと見るよ

pointプログラムは動かさない(頭の中で動かす)よ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

机上デバッグとは

ソースコード(プログラムの元ネタ)を、じーっと見て、頭の中だけでプログラムを動かしながら、不具合の原因を探すこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

ソースコードは「人間語で書いたプログラムの元ネタ」ね。

机上デバッグ

人間語で書いたソースコードは「コンパイル」と呼ばれる作業をすることで、コンピュータさんが動かせるプログラムに変身します。

机上デバッグ2

デバッグは「不具合の原因を探して直すこと」です。
バグ(プログラムのおかしいところ)を取り除く作業とも言えます。

机上デバッグ3

デバッグのやり方は、いろいろあります。

その、いろいろあるやり方のひとつで「ソースコードを目で見て、不具合の原因を探すやり方」が「机上デバッグ」です。

机上デバッグ4

机上デバッグでは、実際のプログラムは動かしません。
「この値を入れて、ここの処理を動かしたら、結果はこうなるはずだよね」のように、頭の中だけで動かします。
実際にプログラムを動かすのが面倒くさい……もとい、手間がかかったり負担が大きいときにやるデバッグのやり方です。

なお、机上デバッグの説明を読んでいると

「紙に印刷した」ソースコードを~

と書かれていることが、あります。

これは恐らく「昔は、そうしていた」ということでしょう。
媒体が紙だろうとパソコンの画面だろうと関係ないはずです。

1.実際のプログラムを動かさない(頭の中だけで動かす)
2.ソースコードを眺める


デバッグのやり方であれば、すべて「机上デバッグ」と呼んで、問題ないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「机上デバッグ」って単語が出てきたら「ソースコードを目で見て、不具合の原因を探すんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク