[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

返り値

pointこの用語のポイント

point値だよ

pointプログラムや関数から返ってくるやつだよ

point「戻り値」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

返り値とは

「戻り値」のこと。
つまり

プログラムや関数から戻ってくる値のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

関数は「何かを入れると何かを計算して何かを返してくれるプログラムの部品」ね。
一般的には、入力を受けて処理を行い、その結果として出力があります。

返り値

この関数、あるいはプログラムから出てくる値が「返り値」です。
「入力」「処理」「出力」のうち「出力」に相当する値ですね。

返り値2

返り値は「戻り値」と表現される場合もあります。
個人的には「戻り値」の方が、馴染みがある呼び方です。

ちなみに「入力」に相当する値は「引数」と言います。

返り値3

ちょっと汚い話で恐縮ですが、人間はご飯を食べて、ウンチを出します。

返り値4

人間を関数だとすれば、ウンチに相当するものが返り値です。
ご飯に相当するものが引数になります。

返り値5

ウンチの話で終わってしまうのは心苦しいので、もう少し現実的な例も挙げておきます。

あるところに翻訳関数さんがいました。
翻訳関数さんは、日本語を伝えると英語に翻訳して戻してくれます。

返り値6

翻訳関数さんに「リンゴ」を入れると「apple」が出てきます。

返り値7

このときの翻訳関数さんから出てくる「apple」が返り値です。

返り値8

ついでなので書いておくと、翻訳関数さんに入っていく「リンゴ」が引数です。

返り値9

返り値と引数はセットで覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「返り値」って単語が出てきたら「プログラムや関数からの返却値なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク