[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

サブルーチン (subroutine)

pointこの用語のポイント

point関数だよ

point他の処理から呼ばれるよ

pointプログラミング関連で出てくるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

サブルーチン (subroutine)とは

他の処理から呼ばれる関数のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

プログラミング用語です。

メイン処理(一番最初に動く関数)じゃない関数のことを「サブルーチン」と言います。
メインルーチンに呼び出される、おまけ……は言い過ぎですかね、補助的な関数が「サブルーチン」です。

つまりプログラムの大部分は「サブルーチン」なのです。
てか、メイン関数以外の関数はすべて「サブルーチン」です。

ですから「サブルーチン」を「関数」と読み替えてしまっても構いません。

本当は「関数(メインルーチン+サブルーチン)」であって「サブルーチン=関数」ではないのですけどね。

「サブルーチンは関数である」→その通り。
「関数はサブルーチンである」→違うよ。メインルーチンも関数だよ。

ですが、最初はサブルーチンと関数を同じものだと考えた方がイメージを掴みやすいと思います。
何となく理解できたら、サブルーチンと関数の違いを意識してあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「サブルーチン」って単語が出てきたら「関数なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク