[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

カーネル (kernel)

pointこの用語のポイント

pointソフトウェアだよ

pointOSの中核だよ

pointハードウェアに指示を出すよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

カーネル (kernel)とは

白い頭とお髭が特徴のチキンなおっさん
ではなくて

OS(パソコンさんの人格に相当するソフト)がやらなくちゃいけない仕事のうち、とっても大事な部分を担当しているソフトウェア
です。
一般的には

OSの中核部分として頑張っているソフトウェア
と説明されます。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

OSは「パソコンさんの人格に相当するソフト」ね。
「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんは、中にOSを入れることによって、パソコンとして動くことができます。

カーネル

OSの仕事はいろいろあります。
その中でも特に大事な仕事を担当しているソフトウェア、言い方を変えると「OSの中核部分に位置するソフトウェア」が「カーネル(kernel)」です。

カーネル2

カーネルさんのやっているお仕事はあれやこれやとあります。
分かりやすいところでは、ハードウェアとソフトウェアの仲立ちでしょう。

コンピュータというのは、ハードウェア(蹴っ飛ばせる部分)とソフトウェア(蹴っ飛ばせない部分)で構成されています。

CPUメモリハードディスクなどはハードウェアです。
OSやその他のソフト、ファイルなどはソフトウェアです。

ソフトを動かすときにはCPUやメモリが使われます。

例えば、ぴよぴよソフトを動かすとしましょう。
ぴよぴよソフトは、メモリ上に展開されて、CPUを使ってお仕事をします。

このとき、ぴよぴよソフトが直接ハードウェアに対して「おいメモリ、俺を展開しろよ!」「おいCPU、ちょっくらこの計算をしてくんな!」と指示を出しているのでしょうか。

いいえ、違います。

メモリやCPUを使うのは、ぴよぴよソフトだけではありません。
Wordだって、Excelだって、その他のソフトだって使います。

メモリやCPUがいっぱいいっぱいだったら順番待ちをすることになるでしょう。
他にもあれやこれやの調整が必要になるはずです。

それらの調整をぴよぴよソフト自身がやるのは、かなり大変です。
WordやExcelだって大変でしょう。

そんな大変なことを代わりにやってくれているのが、カーネルさんです。

カーネルさんは、一番ハードウェア寄りで頑張っているソフトウェアです。
ぴよぴよソフトの代わりにCPUやメモリとのやり取りを行ってくれます。

カーネルさんがハードウェアとのやり取りを請け負ってくれているから、ぴよぴよソフトやWord、ExcelなどはメモリやCPUのことを(あんまり)意識しないで動くことができるのです。

カーネルさんのお仕事は他にもありますけどね。
興味がある方は専門的に解説しているところで情報を補完してください。
大雑把に分かれば良い人は「OSの仕事の中でも特に大事な仕事をやっているやつ」と理解しておけば事足りると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「カーネル」って単語が出てきたら「OSの中核となるソフトウェアなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク