[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

レスポンスタイム (response time)

pointこの用語のポイント

point返事が来るまでにかかる時間だよ

point短い方が良いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

レスポンスタイム (response time)とは

「あれ、やれ」から「やったよ」までにかかる時間のこと。
もう少し具体的に書くと

コンピュータに対して「これをやってよ」な要求(リクエスト)を出してから「はいよ、終わったよ」や「やりたくないよ」な応答(レスポンス)が返ってくるまでにかかる時間のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

コンピュータさんに指示を出してから反応があるまでの時間が「レスポンスタイム」です。

レスポンスタイム

例外もありますが、コンピュータやシステムを使うときには、まず「これ、やってよ」なお願いを出します。
このお願いを専門用語で「リクエスト」と言います。

レスポンスタイム2

お願いを出すと、コンピュータからは、お返事がきます。
「やってあげたよ!」かもしれないし「やりたくないよ!」かもしれません。
どんな内容かは分かりませんが、いずれにせよ何らかの反応があります。
この反応を専門用語で「レスポンス」と言います。

レスポンスタイム3

このリクエストからレスポンスまでにかかる時間が、レスポンスタイムです。

レスポンスタイム4

例えば、キーボードをポチポチすると、画面に文字が表示されます。

レスポンスタイム5

この「文字の入力」から「画面への表示」までの時間が、レスポンスタイムです。

レスポンスタイム6

ホームページを見るときには、パソコンさんからホームページのファイルが置いてあるコンピュータに対して「このページをおくれ」とお願いを出します。

レスポンスタイム7

そのお願いに対して、ホームページのファイルが置いてあるコンピュータは「ほれ、そのページだよ」と返します。

レスポンスタイム8

この「ページくれ!のお願い」から「ほらよ!の返事」までにかかる時間が、レスポンスタイムです。

レスポンスタイム9

他にも、いろいろな例が考えられます。

レスポンスが返ってくるまでの間は、基本的に待ち時間です。
ぼーっと待っているしかありません。

レスポンスタイム10

これは無駄な時間ですよね?

一般的に、レスポンスタイムは短い方が良いとされています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「レスポンスタイム」って単語が出てきたら「『やれ!』から『やったよ!』までにかかる時間なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク