[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スタティックIPアドレス

pointこの用語のポイント

pointIPアドレスの割り当て方だよ

point機器や人に対して固定で割り当てるよ

pointIPアドレスが勝手に変わらないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スタティックIPアドレスとは

「固定IPアドレス」のこと。
つまり

機器や人に対して固定で割り当てられたIPアドレスのこと
であり

IPアドレスの割り当て方のひとつで、機器や人に対して固定で割り当てるので、勝手にIPアドレスが変わらない割り当て方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「固定IPアドレス」の説明と、ほとんど同じです。既に「固定IPアドレス」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

順番に見ていきましょう。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」ね。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。
「198.51.100.10」のような形式になっています。

スタティックIPアドレス

プロバイダISP)」という用語も覚えておいてください。
プロバイダ(ISP)は「あなたの使っている回線とインターネットの世界をくっつけてくれる業者さん」です。

スタティックIPアドレス2

以上を踏まえて、機器や人に対して「おまえは、これを使え!」と固定でIPアドレスを割り当てるやり方が「スタティックIPアドレス」です。
専用のIPアドレスをあげるイメージですね。
固定IPアドレス」や「静的IPアドレス」とも呼ばれます。

スタティックIPアドレス3

スタティックIPアドレスでは、固定でIPアドレスを割り当てます。
そのため、ネットワークに接続し直してもIPアドレスが変わりません。
常に同じIPアドレスを使うことになります。

スタティックIPアドレス4

その代わり、必要なIPアドレスは、ネットワークにつなぐ機器の台数分です。
5台のパソコンをネットワークにつなぐのであれば、IPアドレスは5つ必要になります。

スタティックIPアドレス5

「あれ?それって普通じゃないの?」と思う人も、いるかもしれませんね。
実は、普通じゃないのです。

みなさんがインターネットをするとき、一般的には「ダイナミックIPアドレス動的IPアドレス)」と呼ばれるやり方でIPアドレスが割り当てられています。

ダイナミックIPアドレスは「勝手にIPアドレスが変わる(かもしれない)IPアドレスの割り当て方」です。
ネットワークに接続する度にIPアドレスが変わる……場合もあれば、変わらない場合もあります。

スタティックIPアドレス6

ダイナミックIPアドレスでは、ネットワークを使うときに、一時的にIPアドレスが貸し出されます。

スタティックIPアドレス7

使わなくなると回収されます。

スタティックIPアドレス8

もう一度使うときには、また貸し出されます。

スタティックIPアドレス9

このとき、前回と同じIPアドレスが貸し出されるとは、かぎりません。
前回使ったIPアドレスが他の人に貸し出されていなければ同じIPアドレスになる可能性もありますが、前回とは違うIPアドレスが割り当てられる可能性もあります。

ダイナミックIPアドレス(IPアドレス貸し出し方式)にすると、IPアドレスの節約ができます。
例えば、3つのIPアドレスを使って5台のコンピュータをネットワークにつなぐこともできるのです。

スタティックIPアドレス10

3つのIPアドレスを使って5台のコンピュータをネットワークにつなぐカラクリが気になる方は、用語「ダイナミックIPアドレス」の説明を、ご覧ください。

スタティックIPアドレスは、ダイナミックIPアドレスと対になる用語です。
大雑把に対比すると、以下のような違いがあります。

■スタティックIPアドレス
(1)IPアドレスが変わらない
(2)IPアドレスが接続する台数分だけ必要

■ダイナミックIPアドレス
(1)IPアドレスが変わる(かもしれない)
(2)IPアドレスが接続する台数より少なくても大丈夫


例えば、サーバ(何らかのサービスを提供するコンピュータ)は、一般的にスタティックIPアドレスで運用します。
不特定多数のコンピュータから接続される前提だからです。
IPアドレスがコロコロ変わると不便です。

行きつけのお店が頻繁に引越しするお店だったら困りますよね。
それと同じです。

一方、みなさんがインターネットを使うときには、プロバイダさんからはダイナミックIPアドレスの形でIPアドレスが貸し出されます。
インターネットを使う人が、たくさんいるからです。
少しでも使うIPアドレスの数を節約したいので、使用するIPアドレスの数を減らせるダイナミックIPアドレスで運用されています。

スタティックIPアドレスは、いわばIPアドレスを専有する行為ですからね。
スタティックIPアドレスの契約をすると、別料金がかかるのが一般的です。
特別な契約をしていないかぎり、基本的にはダイナミックIPアドレスでインターネットをしているはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スタティックIPアドレス」って単語が出てきたら「IPアドレスが勝手に変わらないIPアドレスの割り当て方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク