[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ダイナミックIPアドレス

pointこの用語のポイント

pointIPアドレスの割り当て方だよ

point一時的に割り当てられるよ

point接続する度に、違うIPアドレスに変わる(可能性がある)よ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ダイナミックIPアドレスとは

「動的IPアドレス」のこと。
つまり

ネットワークを使いたい人に一時的に貸し出されるIPアドレスのこと
であり

IPアドレスの割り当て方のひとつで、ネットワークを使うときに一時的に割り当て、使わなくなると回収されるので、使う度にIPアドレスが変わる(可能性のある)割り当て方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「動的IPアドレス」の説明と、ほとんど同じです。既に「動的IPアドレス」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

順番に見ていきましょう。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」ね。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。
「198.51.100.10」のような形式になっています。

ダイナミックIPアドレス

プロバイダISP)」という用語も覚えておいてください。
プロバイダ(ISP)は「あなたの使っている回線とインターネットの世界をくっつけてくれる業者さん」です。

ダイナミックIPアドレス2

インターネットを使うときには、パソコンさんにIPアドレスを割り当てる必要があります。
接続するパソコンさんが5台あれば、IPアドレスが5つ必要です。

ダイナミックIPアドレス3

ですが、5台のパソコンさんが一度にインターネットを使う機会は、多くありません。
同時に使うのは、せいぜい3台くらいでしょう。

ダイナミックIPアドレス4

そこで、プロバイダさんは、IPアドレスを必要に応じて貸し出すことにしました。

プロバイダさんは、まず、あらかじめ貸出用のIPアドレスを3つ用意しておきます。

ダイナミックIPアドレス5

「インターネットを使いたいよ」なパソコンさんがいたら、IPアドレスを貸してあげます。

ダイナミックIPアドレス6

これで、パソコンさんにIPアドレスが割り当てられました。
IPアドレスを割り当てられたパソコンさんは、インターネットを使えます。
貸出用のIPアドレスは残り2つです。

ダイナミックIPアドレス7

おっと、また「インターネットを使いたいよ」なパソコンさんがやってきました。
IPアドレスを貸し出してあげましょう。

ダイナミックIPアドレス8

これで、パソコンさんにIPアドレスが割り当てられました。
IPアドレスを割り当てられたパソコンさんは、インターネットを使えす。
2台目のパソコンさんもインターネットを使えるようになりました。
貸出用のIPアドレスは残り1つです。

ダイナミックIPアドレス9

おっと、1台目のパソコンさんが帰ってきました。
どうやら飽きてしまったようです。

それなら、もうIPアドレスは、いらないですよね。
貸していたIPアドレスを返してもらいます。

ダイナミックIPアドレス10

貸していたIPアドレスを返してもらったことによって、貸出用のIPアドレスは残り2つになりました。

ダイナミックIPアドレス11

おっと、また「インターネットを使いたいよ」なパソコンさんがやってきました。
IPアドレスを貸し出してあげましょう。
大事に使ってくれたまえよ。

ダイナミックIPアドレス12

これで、パソコンさんにIPアドレスが割り当てられました。
IPアドレスを割り当てられたパソコンさんは、インターネットを使えます。
3台目のパソコンさんもインターネットを使えるようになりました。
残りの貸出用IPアドレスは1つになりました。

ダイナミックIPアドレス13

このようなやり方でIPアドレスを使いまわしていけば、同時に使うのが4台以上にならないかぎり困りません。
3つのIPアドレスで、5台でも10台でもインターネットが使えます。
必要に応じて貸し出すやり方にすることで、IPアドレスを節約できるのです。

さて、ここで1台目のパソコンさんに注目してください。

パソコンさんは、インターネットを使うときに、プロバイダさんからIPアドレスを借りました。

ダイナミックIPアドレス14

使い終わったら、返しました。

ダイナミックIPアドレス15

もう一度、インターネットを使いたくなったら、どうしましょう。

そうですね。
また、プロバイダさんからIPアドレスを借ります。

ダイナミックIPアドレス16

このときに借りるIPアドレスですが、前に借りたIPアドレスと同じでしょうか。
答えは

同じかもしれないし、違うかもしれない

です。

前に借りたIPアドレスが他の人に貸し出されていれば、違うIPアドレスになるはずです。
貸し出されていなければ、同じIPアドレスになる可能性もあります。

このような、接続する度にIPアドレスが変わる(可能性のある)IPアドレスの割り当て方が「ダイナミックIPアドレス」です。
動的IPアドレス」とも呼ばれます。

ダイナミックIPアドレスでは、ネットワークを使うときにIPアドレスが一時的に割り当てられ、使い終わると回収されます。
次に使うときは改めて割り当てられます。
そのため、前回とは違うIPアドレスになる可能性があります。

ダイナミックIPアドレス17

というのが、ダイナミックIPアドレスの説明です。

以下は、補足事項です。
気が向いた方は、読んであげてください。

まず、ダイナミックIPアドレスの対義語は「スタティックIPアドレス固定IPアドレス静的IPアドレス)」です。

スタティックIPアドレスの場合、機器や人に対して「おまえは、これを使え!」とIPアドレスを割り当てます。

ダイナミックIPアドレス18

機器や人に対して割り当てるので、接続し直してもIPアドレスが変わりません。
常に同じIPアドレスを使うことになります。

ダイナミックIPアドレス19

みなさんの中には「あれ?自分がインターネットを使うときは、いつも同じIPアドレスだよ?スタティックIPアドレス(固定IPアドレス)になっているのかな?」と思う人もいるはずです。

おそらく違います。

いつも同じIPアドレスなのは、プロバイダさんの方で「できるだけ同じIPアドレスが貸し出されるようにしてあげるね」な工夫をしてくれているからです。

実際には、IPアドレスが取り換えられています。
ですが、前と同じIPアドレスが貸し出されるため、変わっていないように見えるのです。

ダイナミックIPアドレス20

スタティックIPアドレス(固定IPアドレス)の契約をすると、別料金がかかるのが一般的です。
特別な契約をしていないかぎり、ダイナミックIPアドレスになっているはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ダイナミックIPアドレス」って単語が出てきたら「勝手にIPアドレスが変わる(かもしれない)IPアドレスの割り当て方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク