[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

IP25B

pointこの用語のポイント

pointメールの受信規制だよ

point変なところから送られたメールを受け取らないよ

point迷惑メール対策で行われるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

IP25Bとは

迷惑メール対策の一環として行われる規制のひとつで「変なところから送られたメールは受け取らないからな!」な規制のこと
もう少し具体的に書くと

動的に割り当てられたIPアドレスからの25番ポート(メール送信で使うドア)に対する接続を拒否すること
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「怪しいやつは25番ポートに接続させないよ!」な規制が「IP25B」です。
Inbound Port 25 Blocking(インバウンド・ポート・25・ブロッキング)」を省略して「IP25B」ね。
迷惑メールを受け取らないための対策です。

……と、いきなり言われても、よく分かりませんよね。
順番に見ていきましょう。

まず、ポートは「ネットワークからパソコンさんにお邪魔するときに通るドア」ね。
パソコンさんには、番号の振られたドアが、たくさん付いています。

IP25B

通信において何かを受信する際には、ネットワークを通ってきたデータが、たくさんあるドアのどれかを通ってコンピュータに入ってきます。

IP25B2

逆に送信する際には、たくさんあるドアのどれかを通って、データがネットワークの世界に出ていきます。

IP25B3

これらのドアがポートです。
コンピュータとネットワークの間にあるドアで、ネットワークとコンピュータの間を行き来するデータが通ります。

IP25B4

ポートについては何となく分かったでしょうか。
次に、メール送信する際の流れを見ておきます。

メールを送信するとき、パソコンから出発したメールは、まず「SMTPサーバ」と呼ばれるコンピュータに到着します。

IP25B5

SMTPサーバは「メールを送るときに頑張ってくれるコンピュータ」です。
こいつが相手先にメールを送ってくれます。

IP25B6

パソコンからSMTPサーバに送られたメールは、さらに別のSMTPサーバに送られます。

IP25B7

このときに使われるドアは25番ドアです。
送り先SMTPサーバの25番ドアに対して送られます。

IP25B8

いくつかのSMTPサーバを経由したメールは、目的地のSMTPサーバに到着しました。
目的地のSMTPサーバは、25番ドアからやってきたメールを受け取って保管します。

IP25B9

あとは、保管されたメールをパソコンで受け取れば、メールの旅は終わりです。

IP25B10

いろいろと端折りましたが、これがメールが送られて相手に届くまでの流れです。
※より正確な流れが知りたい方は「メールサーバ」の説明を、ご覧ください。

ここで、目的地のSMTPサーバに注目してください。

IP25B11

このSMTPサーバさんは、25番ドアを通じて、メールを受け取りました。

IP25B12

この25番ドアを監視して、怪しいやつからはメールを受け取らないのが、IP25Bです。

IP25B13

IP25Bは

身元が怪しいやつからは25番ドアへ接続させない
 ↓
身元が怪しいやつからのメールが届かなくなる
 ↓
迷惑メールが減る


の想定で、迷惑メール対策の一環として行われます。

なお、何をもって「怪しいやつ」と判断されるかですが、一般的には動的IPアドレスだったら怪しいやつと判断されるようです。
私も詳しいことは知らないのですが、真っ当なSMTPサーバさんは、静的IPアドレス固定IPアドレス)になっているっぽいです。
よって、動的IPアドレスのコンピュータが25番ドア接続してこようとすると「あれ?おまえ、本当に真っ当なSMTPサーバなの?ちょっと怪しくない?」と判断して、接続を遮断するようです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「IP25B」って単語が出てきたら「変なところから送られたメールは受け取らないからな!な規制なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク