[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

代替DNSサーバ

pointこの用語のポイント

pointネットワーク設定に関する設定項目だよ

point問い合わせ先のDNSサーバを設定する項目だよ

point「まずは、ここに問い合わせろや!」なDNSサーバが動いていないときに問い合わせるDNSサーバを指定するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

代替DNSサーバとは

コンピュータのネットワークに関する設定項目のひとつで「名前解決をするときは、まず、こいつに聞いてね!」なDNSサーバに問い合わせたけど結果が返ってこないときに問い合わせるDNSサーバを設定する項目
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」ね。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。
「198.51.100.10」のような形式になっています。

代替DNSサーバ

ドメイン名は人間様向けのネットワーク上の住所です。
「i-3-i.info」のような形式になっています。

代替DNSサーバ2

パソコンさんはIPアドレスしか分かりません。
ドメイン名を見せられても「う~ん、どこの住所だろう」と困ってしまいます。

代替DNSサーバ3

一方、人間様はIPアドレスがピンときません。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

代替DNSサーバ4

そのため、コンピュータさんはコンピュータさんが分かりやすい形式の住所(IPアドレス)、人間様は人間様が分かりやすい形式の住所(ドメイン名)を扱えるような仕組みがあります。
具体的には、事前にIPアドレスとドメイン名の対応付けを行っておいて、必要に応じて変換するのです。

代替DNSサーバ5

このIPアドレスとドメイン名を変換してくれる仕組みを「DNS」と言います。
変換のお仕事を生業にしているサーバさんは「DNSサーバ」です。

代替DNSサーバ6

また、IPアドレスをドメイン名に変換したり、ドメイン名をIPアドレスに変換することを「名前解決」と言います。

代替DNSサーバ7

さて、パソコンさんが名前解決をするとき、DNSサーバさんに「ねー、ねー。このドメイン名って、どんなIPアドレスだっけ?」と問い合わせます。

代替DNSサーバ8

それでは、パソコンさんは問い合わせ先のDNSサーバさんをどのようにして決めているのでしょうか?

代替DNSサーバ9

答えは

パソコンさんの中に、あらかじめ問い合わせ先のDNSサーバが設定されている

です。
「このDNSサーバに問い合わせてね」な設定項目がパソコンさんの中にあるのです。

さらに!

この設定項目は2つあります。
それは

1.「まずは、ここに問い合わせろ!」なDNSサーバ
2.「『まずは、ここに問い合わせろ!』なDNSサーバが動いてなかったら、ここに問い合わせろ!」なDNSサーバ


の2つです。

この2つの設定項目のうち

2.「『まずは、ここに問い合わせろ!』なDNSサーバが動いてなかったら、ここに問い合わせろ!」なDNSサーバ

を設定する項目が「代替DNSサーバ」です。

代替DNSサーバ10

なお

1.「まずは、ここに問い合わせろ!」なDNSサーバ

を設定する項目は「優先DNSサーバ」と言います。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

代替DNSサーバ11

とはいえ、みなさんの中には「インターネットは使っているけど、そんな項目、設定したことないよ?」な人もいるでしょう。
それは「DHCP」と呼ばれている仕組みによって、自動で設定されているからです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「代替DNSサーバ」って単語が出てきたら「最初に問い合わせたDNSサーバから返事が来ないときに問い合わせるDNSサーバを設定する項目なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク