[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

固定小数点

pointこの用語のポイント

pointコンピュータ世界における小数の扱い方だよ

point小数点が特定の位置にある前提で考えるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

固定小数点とは

コンピュータ世界における小数の扱い方のひとつで、小数点が特定の位置にある前提で扱うやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

ある日のことです。
ピヨ太君がパソコンさんに小数「123.45」を覚えさせようとしました。

固定小数点1

ですが、パソコンさんは数字しか分かりません。
小数点が理解できないのです。

固定小数点2

そこでピヨ太君は

「12345」だけ覚えておけ。そして、左から3番目の数字の後に点を打て

と指示しました。

固定小数点3

これでパソコンさんは「123.45」を覚えることができました。

正確には「123.45」を覚えているわけでは、ありませんけどね。
覚えているのは「12345」です。
ただし、この数字を扱うときには、左から3番目の数字の後に点を打ちます。
ですから、実質的に「123.45」を覚えているのと同じです。

固定小数点4

その代わり、数字が変わっても同じです。
「23456」を覚えさせれば、パソコンさんは「234.56」と解釈します。
「34567」を覚えさせれば、パソコンさんは「345.67」と解釈します。

固定小数点5

このように「この位置に小数点があるからね!」な前提で数字を扱うのが「固定小数点」です。

ただし、固定小数点は、あまり一般的ではありません。
コンピュータの世界では「浮動小数点」で小数を扱うのが一般的です。

浮動小数点では

123.45



12345×10^-2

のように

X × Y ^ Z(XかけるYのZ乗)

形式で扱います。

なお、Xに相当する部分は「仮数」と言います。
Yに相当する部分は「基数」です。
Zに相当する部分は「指数」になります。

固定小数点6

そして、仮数部と指数部のみをコンピュータさんに覚えさせるのです。

ピヨ太君が浮動小数点で「123.45」をパソコンさんに覚えさせる場合、まず

123.45



12345×10^-2

と解釈します。
そして

「12345」と「-2」を覚えておけ。答えるときは「12345」×10^「-2」の計算結果を教えろ

と指示を出すのです。

固定小数点7

これでパソコンさんは「123.45」を覚えることができました。

正確には「123.45」を覚えているわけでは、ありませんけどね。
覚えているのは仮数部の「12345」と指数部の「-2」です。
ただし、この数字を扱うときには

【仮数】 × 10 ^ 【指数】(【仮数】かける10の【指数】乗)

の計算をしてから扱います。
実質的に「123.45」を覚えているのと一緒です。

固定小数点8

これが固定小数点と浮動小数点です。

固定小数点
 ・小数点が特定の位置にある前提で、数字のみを覚えさせる
 ・数字を扱うときは、特定の位置に小数点を打つ

浮動小数点
 ・仮数と指数のみを覚えさせる
 ・数字を扱うときは、計算によって実際の数字を思い出させる


となります。

せっかくなので、固定小数点と浮動小数点はセットで覚えてあげてください。
難しければ、浮動小数点の方を優先して覚えてあげてください。
固定小数点は、あまり見かけません。
浮動小数点の方は、変数の型として、よく登場します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「固定小数点」って単語が出てきたら「小数点が特定の位置にある前提で考える、小数の扱い方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク