[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

エンハンス (enhance)

pointこの用語のポイント

point良くすることだよ

point機能を追加したり、性能を上げたりするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

エンハンス (enhance)とは

「今より良くするよ」をカッコつけて言った用語。
もう少し具体的に書くと

機能を追加したり、性能を向上させたり、あれやこれやと手を加えて、今より良くすること
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでもないですけどね。
横文字大好きIT業界でも、たまに好んで使う人がいます。
気が向いた方は覚えてあげてください。

一言で説明すると「良くするよ!」をカッコつけて言った表現が「エンハンス」です。
日本語にすると、強化、改良、向上などでしょうか。
「エンハンスする」とかいう表現を見かけたら「良くする」と読み替えてください。
それで意味は掴めるはずです。

エンハンス

「エンハンス」という用語自体が指すものは、かなり漠然としています。
機能を追加するのも「良くする」ことでしょう。
性能を向上させるのも「良くする」ことです。
極端な話、不具合の修正も「良くする」ことと言えなくは、ありません。

「エンハンス業務」なんて表現もたまに見かけますが、何も言っていないのと同じです。
何をどれだけ良くするのかも、それだけでは、よく分かりません。
具体的なことは、言った人に確認してください。

エンハンス2

個人的には、たいして中身がないけど重要そうに見せたいときに使うハッタリ用語のひとつだと思っています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「エンハンス」って単語が出てきたら「良くすることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク