[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

メインメモリ (main memory)

pointこの用語のポイント

point一般的に「メモリ」と呼ばれる物だよ

point記憶装置だよ

pointCPUさんが直接読み書きできるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

メインメモリ (main memory)とは

いわゆる「メモリ」のこと。
もう少し具体的に書くと

パソコンさんが作業するときに使う机
であり

仕事中の内容を記憶させておくパソコンさんの部品
であり

CPUさんが直接読み書きできる記憶装置のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

メモリは「パソコンさんが作業するときに使う机」ね。

メインメモリ

物としては、緑色の長方形に黒い四角が何個かくっついた板です。

メインメモリ2

メモリの役割は、CPUとその他の記憶装置の仲立ちです。

コンピュータさんがお仕事をするとき、ハードディスクCDに保管してあるデータをメモリに渡します。

メインメモリ3

そして、メモリがCPUとやり取りすることによって、CPUに必要なデータが渡ります。

メインメモリ4

わざわざ、このような手順を踏むのは、ハードディスクとかCDが鈍くさいからです。

CPUは動きが速いので「あれ、くれ」「これ、くれ」とサクサク指示を出します。

メインメモリ5

ハードディスクとかCDは鈍くさいので、その指示についていけないのですね。
その結果、CPUはハードディスクとかCDがデータを用意するのを待つことになります。
CPUはイライラしそうですね。

メインメモリ6

それに対して、メモリは素早いです。
CPUの指示についていけます。

メインメモリ7

そこで、CPUがお仕事を始める前に、ハードディスクやCDの中身をメモリが預かっておくのです。
そして、CPUとのやり取りはメモリがやります。

メインメモリ8

これで、CPUはストレスを感じることなく、ハードディスクやCDの中身を使えます。
あらかじめハードディスクやCDの中身を受け取ったメモリが、CPUの欲しい物をサクサク渡してくれるからです。

メインメモリ9

このように、CPUとその他の記憶装置の仲立ちをするのが、メモリのお仕事です。

それを踏まえて、メモリの正式名称……かどうかは分かりませんが、みなさんが一般的に「メモリ」と呼んでいるものが「メインメモリ」です。
コンピュータさんの作業机ですね。

メインメモリ10

「メインメモリ」という表現は、その他の「メモリ」と区別したいときに使います。
USBメモリ共有メモリフラッシュメモリ、などなどなど、世の中には「メモリ」と付く用語が、いろいろあります。
それらの「○○メモリ」と区別して「これはCPUと直接やり取りするメモリだよ!」と強調したいときに使う表現が「メインメモリ」です。

また「メインメモリ」と聞いて「それなら『サブメモリ』もあるの?」と疑問を覚える人もいるでしょう。
私が知らないだけの可能性は残りますが、一般的に「サブメモリ」と呼ばれている物は無いはずです。

強いて言えば、ハードディスクやCDなどでしょうか。
「メモリ」を「記憶する物」と解釈すれば、ハードディスクやCDをサブメモリと捉えることは、できます。

とはいえ「補助記憶装置」とは言いますが「サブメモリ」とは、あまり言いません。
違和感を感じる人もいるので、使わない方が無難な表現だと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「メインメモリ」って単語が出てきたら「メモリ(コンピュータの作業机)のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク