[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

別名で保存

pointこの用語のポイント

pointファイルの保存方法だよ

point新しくファイルを作るよ

point保存するときに「このファイル、どんな名前で保存する?」と訊かれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

別名で保存とは

ファイルを保存する際のやり方の1つで、別のファイルとして(保存するファイルに新しく名前を付けて)保存するやり方
であり

保存するときに「このファイル、どんな名前で保存する?」と訊かれるファイル保存のやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

ファイルは、コンピュータの世界における「書類」です。
とはいえ、普通に「ファイル」って言えば分かりますよね?

別名で保存

ある日のことです。
ピヨ太君が、既にあるファイルの中身を書き換えました。

別名で保存2

せっかく書き換えたのです。
ピヨ太君は、中身を書き換えたファイルを保存します。

実は、このときの保存のやり方は2つあります。

1.変更前のファイルと違う名前で保存するやり方
2.変更前のファイルと同じ名前で保存するやり方


の2つです。
言い換えると

1.ファイルを別に作るやり方
2.ファイルの中身を置き換えるやり方


になります。

変更後のファイルを変更前のファイルと違う名前で保存する場合、変更前のファイルはそのままです。
変更前のファイルとは別に変更後のファイルが作られます。
変更前のファイルと変更後のファイルは、別ファイルの扱いです。

別名で保存3

変更前のファイルと同じ名前で保存する場合は、変更前の内容を変更後の内容で置き換えることになります。
コンピュータの世界では、同じ場所に同じ名前のファイルは存在できないからです。

別名で保存4

それを踏まえて

1.変更前のファイルと違う名前で保存するやり方

であり

1.ファイルを別に作るやり方

が「別名で保存」です。
ソフトによっては「名前を付けて保存」と表現される場合もあります。

「別名で保存」を選ぶと「このファイル、どんな名前で保存する?」と訊かれます。
そこでファイル名入力して保存すれば、入力したファイル名でファイルが作られます。

「別名で保存」を選んで保存した場合、変更前のファイルと変更後のファイルは、別ファイルの扱いです。
変更前のファイルも、そのまま残ります。

別名で保存5

なお「別名で保存」じゃない方の保存のやり方、

2.変更前のファイルと同じ名前で保存するやり方
(2.ファイルの中身を置き換えるやり方)


は「上書き保存」と言います。
上書き保存した場合は、変更前の内容は残りません。
変更後の内容で変更前の内容が置き換わります。

別名で保存6

「別名で保存」と「上書き保存」はセットで覚えてあげてください。

別名で保存:別のファイルとして保存する
上書き保存:中身を置き換える形で保存する


です。

さて、これで大雑把な説明は終わりですが、1つ補足しておきましょう。

「別名で保存」を選ぶと、保存するファイル名を入力できます。
ここで、既に存在するファイルの名前を入力したら、どうなるのでしょうね?

既に存在するファイル名を入力した場合は、上書き保存になります。
保存する前に「上書き保存になっちゃうよ。本当にやる?」と確認メッセージが出るとは思いますけどね。
「いいよ!やっちゃってよ!」と言うと、指定したファイル名のファイルの内容が置き換わります。

既に存在するファイル名を入力して「別名で保存」すると、上書き保存になる

です。
一応、頭の片隅にでも置いておいてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「別名で保存」って単語が出てきたら「ファイル保存のやり方の1つで、新しくファイルを作るやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク