[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

インターネットFAX

pointこの用語のポイント

pointインターネットの回線を使ってFAXを送受信できる仕組みだよ

pointインターネットの回線を使ってFAXを送受信できるサービスだよ

pointメールとかで送って、サービス提供者が実際にFAXしてくれる形が一般的だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

インターネットFAXとは

インターネットの回線を通じてFAXを送受信できるようにする仕組みのこと。
もしくは

インターネットの回線を通じてFAXを送受信できるようにしてくれるサービスのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

FAXは「電話回線などの通信回線を使って画像を送る仕組み(もしくは機械)」ね。

インターネットFAX

まず、紙に書いてある情報(画像情報)をFAX機能の付いた電話機とかが音声情報に変換します。

インターネットFAX2

次に、相手先に電話を掛けて、その音声情報を流します。

インターネットFAX3

相手先では、受け取った音声情報を画像情報に逆変換します。
そして、その逆変換した画像情報を紙に印字します。

インターネットFAX4

これがFAXの仕組みです。

一般的なFAXでは、電話回線を通じて情報をやり取りします。

インターネットFAX5

それを踏まえて、電話回線ではなくインターネットの回線を通じてFAXを送受信できる仕組み、もしくは、サービスが「インターネットFAX」です。

インターネットFAX6

普通のFAXでは、画像が音声(電話の声)の振りをすることで、電話線の中を通って、相手に送られました。

インターネットFAX7

インターネットFAXでは、画像がインターネットのデータの振りをすることで、インターネットで使う回線の中をにゅるにゅる通って、相手に送られます。

インターネットFAX8

インターネットで使う回線には

1.電話線の電話が通るところを使う(ダイヤルアップ接続
2.電話線の電話が通らないところを使う(ADSLとか)
3.電話線以外(光ファイバーとか)の線を使う(光回線とか)


のように、いくつかの種類があります。

普通のFAXは1と同じです。
電話線の電話が通るところを使います。

インターネットFAXは、1~3のすべての可能性があります。
実際に何を使うかは、どれを使ってインターネットをやっているかによります。

……というのが、嘘ではないけどすべてを言い表しているわけでもない説明です。

一般的になされるインターネットFAXの説明は

1.FAXを送受信できるよ
2.電話回線ではなくて、インターネットの回線を使うよ
3.特別な機器(FAXを送受信する機械)を用意する必要がないよ


あたりでしょう。
この3つのうち

2.電話回線ではなくて、インターネットの回線を使うよ

が嘘ではないけど嘘なのです。

例えば、自分のFAX機に読み込ませた内容が相手先のFAX機にメールで送られるとします。
相手先では、受け取ったメールからFAXの内容を復元し、印字します。

インターネットFAX9

メールはインターネットの回線を通じて、相手に送られます。
ですから、この仕組みはインターネットFAXです。

ただし、ですよ。

相手先のFAX機が、メールで送られることに対応しているとは限りません。
古い機械や安い機械であれば、むしろ対応していないことの方が多いでしょう。

これでは不便ですよね。
送る前に電話をして「あのー、お宅のFAX機はメールで送られることに対応していますか?」と確認するのでは二度手間です。
「もう、その電話で用件を話しちゃえよ!」と思う人も少なくないでしょう。

ですから、一般的なインターネットFAXの仕組みは、もう少し複雑です。

その仕組みとは……の前に、可哀想なピヨ太君の話をさせてください。

ピヨ太君は、FAX機能付きの電話機を持っています。

インターネットFAX10

ピヨ子さんは、FAX機能付きの電話機を持っていません。

インターネットFAX11

でも、ピヨ子さんもFAXを使いたいです。

インターネットFAX12

そこでピヨ子さんは、一計を案じました。
FAXしたい内容をピヨ太君にメールで送って、ピヨ太君にFAXさせることにしたのです。

インターネットFAX13

ピヨ子さんの暴走は続きます。
なんと、ピヨ太君のFAX番号を自分の番号として知り合いに教えてしまったのです。
そして、ピヨ太君のFAX機にピヨ子さん宛で届いたFAXは、メールで自分のところに送らせました。

インターネットFAX14

これでピヨ子さんは、FAX機を持っていませんがFAXを使えます。
幸せです。

インターネットFAX15

ピヨ太君は……まぁ、ドンマイです。

インターネットFAX16

さて、ここでピヨ子さんに注目してください。
ピヨ子さんは、FAX機を持っていません。
ですが、インターネットの線を使ってメールでやり取りすることによって、FAXを送受信できています。

これは、インターネットFAXを使っていると言えるのではないでしょうか?

そうです。
これが一般的なインターネットFAXの仕組みです。

ピヨ子さんが、インターネットFAXサービスの利用者です。
ピヨ太君は、インターネットFAXのサービスを提供している業者さんに相当します。

インターネットFAX17

ピヨ子さんがメールで送ったFAXの内容は、実際には、ピヨ太君が用意した専用のコンピュータに届きます。
ピヨ子さんと専用コンピュータの間のやり取りは、インターネットの回線が使われます。

インターネットFAX18

専用のコンピュータは、ピヨ子さんからメールで受け取ったFAXの内容を普通のFAXにして、送り先に送ります。
専用コンピュータと送り先の間のやり取りは普通のFAXです。
電話回線が使われます。

インターネットFAX19

この仕組みであれば、相手の持っているFAX機が機能のしょぼい機械でもインターネットの回線を通じてFAXを送れます。

相手からFAXを受け取るときは、逆です。

相手は、普通にFAXを送ります。
相手が送ったFAXは、ピヨ太君の用意した専用のコンピュータに届きます。
FAXの送り元と専用コンピュータの間のやり取りは、普通のFAXと同じです。
電話回線が使われます。

インターネットFAX20

専用のコンピュータは、受け取ったFAXの内容をメールに変換します。
そして、メールでピヨ子さんに送ります。
専用コンピュータとピヨ子さんの間のやり取りは、インターネットの回線が使われます。

インターネットFAX21

このような仕組みを用意することで、ピヨ子さんはインターネットの回線を使ったFAXの送受信ができます。
また、ピヨ太君は手間賃(サービス提供料)をピヨ子さんから貰えます。

これが

2.電話回線ではなくて、インターネットの回線を使うよ

に対して「嘘ではないけど嘘」と書いた理由です。

インターネットFAXの利用者(ピヨ子さん)から見れば、インターネットの回線を使ったFAXの送受信です。
電話回線を使いません。

インターネットFAX22

あるいは、送り先のFAX機が対応していれば、インターネットの回線のみを使って直接送りつけることもできるでしょう。
電話回線を使いません。

インターネットFAX23

ですが、FAXを送る相手が普通のFAX機であれば、話が変わります。
あなたがメールとかで送ったFAXの内容は、インターネットFAXのサービス提供者が普通のFAXと同じ形(電話回線を通る形)に変換して、FAXしてくれているのです。
あなたの見えないところで電話回線が使われています。

インターネットFAX24

インターネットFAXのサービスを利用する分には、知らなくても困らないですけどね。
気が向いたら、仕組みの部分も覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「インターネットFAX」って単語が出てきたら「インターネットの回線を通じてFAXを送受信できる仕組み(もしくはサービス)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク