[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ファクシミリ (FAX)

pointこの用語のポイント

point通信線を使って画像を送る仕組みだよ

point通信線を使って画像を送る機械だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ファクシミリ (FAX)とは

電話回線などの通信回線を使って画像を送る仕組みのこと。
もしくは

電話回線などの通信回線を使って画像を送る機械のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

電話回線などの通信回線を使って、相手先に画像を送る仕組み、もしくは、その仕組みを実現した機械が「ファクシミリ(FAX)」です。
一般的には電話回線を使いますが、近年では、インターネットの回線を使う「インターネットFAX」なども出てきています。

ファクシミリ(FAX)

それでは、FAXの仕組みを見ていきましょう。

まず、紙に書いてある情報(画像情報)をFAX機能の付いた電話機とかが音声情報に変換します。

ファクシミリ(FAX)2

次に、相手先に電話を掛けて、その音声情報を流します。

ファクシミリ(FAX)3

相手先では、受け取った音声情報を画像情報に逆変換します。
そして、その逆変換した画像情報を紙に印字します。

ファクシミリ(FAX)4

これがFAXの仕組みです。
送ったのは紙に書かれた情報ですが、送られる過程では、その情報は音声になっています。
電話を掛けてぺちゃくちゃ話すときと、使っている仕組みは同じです。

あと、ついでなので書いておくと、FAXのルールに従った音声情報を作り出せれば、元が紙でなくても、FAXを送れます。
逆に、FAXのルールに従った音声情報を解析できれば、FAXを受け取ることもできます。
FAXを送る元や受け取る先がパソコンさんでも、問題はありません。

パソコンからFAXを送受信するときに使う機械は「FAXモデム」と言います。
パソコンさんの中にあるデータをFAXのルールに従った音声情報に変換して電話線の中に送りだしてくれたり、あるいは逆に、電話線の中を通ってきた音声情報をパソコンさんで読み取れる形式に変換してくれる機械です。

また、インターネットFAXでは、電話回線の代わりにインターネットの回線を使います。

普通のFAXでは、画像が音声(電話の声)の振りをすることで、電話線の中を通って、相手に送られました。

ファクシミリ(FAX)5

インターネットFAXでは、画像がインターネットのデータの振りをすることで、インターネットで使う回線の中をにゅるにゅる通って、相手に送られます。

ファクシミリ(FAX)6

……あれ?
インターネットで使う回線って、結局、電話線のことでは?

電話線の場合もあります。
それ以外の場合もあります。

インターネットで使う回線には

1.電話線の電話が通るところを使う(ダイヤルアップ接続
2.電話線の電話が通らないところを使う(ADSLとか)
3.電話線以外(光ファイバーとか)の線を使う(光回線とか)


のように、いくつかの種類があります。

普通のFAXは1と同じです。
電話線の電話が通るところを使います。

インターネットFAXは、1~3のすべての可能性があります。
実際に何を使うかは、どれを使ってインターネットをやっているかによります。

とはいえ、インターネットFAXの実際の仕組みは、もう少し複雑です。
興味がある方は、用語「インターネットFAX」の説明をご覧ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ファクシミリ(FAX)」って単語が出てきたら「通信回線を使って画像を送る仕組み(もしくは機械)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク