[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ドライバ【テスト】 (driver)

pointこの用語のポイント

pointテスト用の代役だよ

pointテスト対象の部品を呼び出す物の代わりだよ

point張りぼてだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ドライバ【テスト】 (driver)とは

テスト用に用意した、まだ完成していない機能の代わりとなる部品
であり

テスト対象を呼び出す部品の代わりとなるやつ
です。
ちょっと小難しい表現を使うと

上位モジュールの代用品
と言えます。

image piyo

詳しく書くよ

例えば、そうですね。

ぴよぴよシステムを作っていたとしましょう。
ぴよぴよシステムは、ピヨ太ママプログラムから指令を受けたピヨ子プログラムが、ピヨ太プログラムに指示を出す構成になる予定です。

ドライバ【テスト】

おっと、ちまちまと作っていたピヨ子さんが完成したようです。
早速、テストをしましょう。

ドライバ【テスト】2

ですが、ピヨ太ママとピヨ太君が、まだできていません。

ドライバ【テスト】3

ピヨ太ママとピヨ太君が完成するまで、ピヨ子さんのテストは、できないのでしょうか?

いいえ、できます。
代わりを用意すれば良いのです。

まず、ピヨ太ママの代わりにピヨ子さんに指令を出すテストプログラムを用意します。

ドライバ【テスト】4

本来のピヨ太ママは、いろいろな指令を出しますけどね。
それはピヨ太ママが完成してから、実際に試してみましょう。
取りあえずは、常に「ミカン買って来い」な指令を出すことにします。

ドライバ【テスト】5

ピヨ太君の代わりに、ピヨ子さんの指示を受け付けるテストプログラムも用意しました。

ドライバ【テスト】6

本来のピヨ太君は、たまに失敗したりもしますけどね。
それはピヨ太君が完成してから、実際に試してみましょう。
取りあえずは、常に成功する前提にします。

ドライバ【テスト】7

これで、パッと見は、ピヨ太ママ、ピヨ子さん、ピヨ太君が揃いました。
ピヨ子さんのテストができそうです。

ドライバ【テスト】8

この話における、ピヨ太ママの代わりをしたテストプログラムが「ドライバ」です。
テスト対象を呼び出す部品の代わりです。

ドライバ【テスト】9

あと、ついでなので書いておくと、ピヨ太君の代わりをしたテストプログラムは「スタブ」と言います。
テスト対象から呼び出される部品の代わりです。

ドライバ【テスト】10

ドライバとスタブは、セットで覚えてあげてください。

・ドライバ:テスト対象を呼び出す代用品
・スタブ:テスト対象から呼び出される代用品


です。

ドライバ【テスト】11

ドライバもスタブも、言わば、リハーサル時の代役です。
大御所俳優の入りが遅れているので、取りあえずマネージャが台本を見て代わりを務めているイメージですかね。

なお、ドライバもスタブも、中身は基本的に空っぽです。

・ドライバ:テスト対象を呼び出す
・スタブ:テスト対象から呼び出されて、結果を返す


が仕事なので、その部分だけ作り込むのが一般的です。

なお「ドライバ」と呼ばれる用語は他にもあります。

例えば「デバイスドライバ」の省略表現である「ドライバ」です。
デバイスドライバは「デバイス(コンピュータにくっつける部品)を動かすために必要なソフト」ね。

ドライバ【テスト】12

パッと思い浮かびませんが、他にもあるはずです。
出てきた「ドライバ」が何を意味するかは、前後の文脈から判断してください。
テスト関連の話で出てきた場合は、本ページで説明しているドライバである可能性が高いと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ドライバ」って単語が出てきたら「テスト用に用意した、本来の部品の代わりなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク