[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

葉【データ構造】 (leaf)

pointこの用語のポイント

point枝分かれ構造の要素だよ

point入ってくるけど出ていかない端っこだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

葉【データ構造】 (leaf)とは

ツリー構造(枝分かれして広がっていく構造)における要素の呼び名で、枝分かれしていない端っこの要素のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

ツリー構造木構造)は「1つのに対して複数のを持つ、枝分かれして広がっていく構造」ね。
上から下に広がっていく形で図を書くと、木を上下逆さまに見たような形になります。

葉【データ構造】

ツリー構造を簡略化して図に書く場合、点と線で構造を表現できます。

葉【データ構造】2

この簡略化した構成図における、点の部分は「ノード」と言います。

葉【データ構造】3

線の部分は「エッジ」です。

葉【データ構造】4

ツリー構造を構成する要素は、大雑把に分けて4つあります。

1.入ってくるのがなくて、出ていくのがある点

葉【データ構造】5

2.入ってくるのが1つで、出ていくのが1つ以上の点

葉【データ構造】6

3.入ってくるのが1つで、出ていくのがない点

葉【データ構造】7

4.要素同士をつなぐ線

葉【データ構造】8

の4つです。

この4つのうち

3.入ってくるのが1つで、出ていくのがない点

が「葉」です。
「葉ノード」や「リーフ(leaf)」のように表現される場合もあります。

葉【データ構造】9

木の先っぽだから「葉」ですね。

あと、ついでなので書いておくと

1.入ってくるのがなくて、出ていくのがある点

は「」です。
「根ノード」や「ルート(root)」あるいは「ルートノード(root node)」のように表現される場合もあります。

葉【データ構造】10

つまり、ツリー構造のスタート地点ですね。
枝分かれのはじまりの部分が根です。

2.入ってくるのが1つで、出ていくのが1つ以上の点

は「」や「節点」あるいは単に「ノード」と呼ばれたりもします。

葉【データ構造】11

本当は枝分かれの最初の点(根)や最後の点(葉)も含めて、ノードですけどね。
他の呼び方がないので、仕方がないのでしょう。
人によっては

枝分かれの最初:根(root)
枝分かれの途中:節(node)
枝分かれの最後:葉(leaf)


と呼び分けたりもします。

最後に

4.要素同士をつなぐ線

は「」です。
上でも書きましたが「エッジ」とも呼ばれます。

葉【データ構造】12

ツリー構造を構成する要素の呼び名としては、そんなところでしょうか。

葉【データ構造】13

せっかくなので、全部まとめて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「葉」って単語が出てきたら「枝分かれ構造における端っこの要素なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク