[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

WmiMgmt.msc

pointこの用語のポイント

pointWindows管理用ツールの中身(MMC スナップイン)だよ

pointWindowsの管理用に用意されている機能「WMI コントロール」の中身だよ

pointぶっちゃけ、よく分かっていないよ。ごめんね

スポンサーリンク

簡単に書くよ

WmiMgmt.mscとは

Windowsの管理用に用意されている機能「WMI コントロール」の中身(MMC スナップイン)
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識からいきましょう。
※予備知識なんていらねーんだよ。「MMC スナップイン」とか、もう理解しちゃってるぜ!な方は、本題の部分へ移動してください。

MMC スナップインは「Windowsの管理用ツールの中身」ね。

Windowsパソコンには、パソコンさんの中身を管理するための管理用ツールが、あれやこれやと用意されています。
これらの管理用ツールは

1.管理用ツールを動かすための部品(Microsoft 管理コンソール)
2.管理用ツールの中身に相当する部品(MMC スナップイン)


の2つが合体して動きます。

WmiMgmt.msc

これはコンピュータゲームがゲーム機本体にゲームソフトを挿すことで遊べるのと同じイメージです。

WmiMgmt.msc2

Microsoft 管理コンソールがゲーム機本体に、MMC スナップインがゲームソフトに相当します。

コンピュータゲームは、挿すゲームソフトを変えれば、同じゲーム機を使って違うゲームが遊べますよね?
同じように、Microsoft 管理コンソールに合体させるMMC スナップインを変えることで、違う機能として使うことができるのです。

例えば、Microsoft 管理コンソールに「イベント ビューアー」用のMMC スナップインを合体させてみましょう。
そうすると、管理用ツール「イベント ビューアー」に変身します。

WmiMgmt.msc3

あるいはMicrosoft 管理コンソールと「サービス」用のMMC スナップインを合体させてみましょうか。
そうすると、管理用ツール「サービス」に変身します。

WmiMgmt.msc4

これがMMC スナップインの役割です。
管理用ツールの機能を決定づけているファイルで、コンピュータゲームでいう、ゲームソフトに相当します。

それを踏まえて、いよいよ本題です。

Microsoft 管理コンソールに合体させると、管理用ツール「WMI コントロール」に変身するファイルが「WmiMgmt.msc」です。
コンピュータゲームに例えれば「WMI コントロール」ゲームをするためのゲームソフトですね。

WmiMgmt.msc5

WMI コントロールは「WMI関連の何かの機能」です。
具体的に何をどうやれるのかは、私も把握していません。

WMIは「Windows 管理技術の中核を担っている何かで、コンピュータの内部状態に関する情報を示すらしいけど、よく分かんねーや。ごめんね」です。
マイクロソフトさんのホームページには、以下の説明が載っていました。

Q 1. WMI はどのようなツールで、どのような機能を提供しますか。

Windows Management Instrumentation (WMI) は、Windows 管理技術の中核を担っています。WMI は、ローカル コンピュータとリモート コンピュータの両方の管理に使用できます。WMI は、プログラミング言語やスクリプト言語で日常的な管理タスクを実行するための一貫したアプローチを提供します。たとえば、次のようなことが可能です。

・リモート コンピュータ上のプロセスを起動できます。
・特定の日時にプロセスを実行するようにスケジュールを設定できます。
・コンピュータをリモートで再起動できます。
・ローカル コンピュータまたはリモート コンピュータにインストールされているアプリケーションのリストを取得できます。
・ローカル コンピュータまたはリモート コンピュータ上の Windows イベント ログを照会できます。

WMI (Windows Management Instrumentation) の Instrumentation という単語は "計器" や "計器による測定" を意味します。ちょうど自動車の計器類がエンジンに関する情報を示すように、WMI はコンピュータ システムの内部状態に関する情報を示します。WMI では、Windows システム内に検出されたディスクやプロセスなどのオブジェクトをモデリングすることにより、"計器情報" を提供します。WMI によるシステム オブジェクトのモデリングには、Win32_LogicalDisk や Win32_Process などのクラスが使用されます。クラス名から推察できるように、Win32_LogicalDisk はコンピュータ上の論理ディスクをモデリングするクラス、Win32_Process はコンピュータ上で現在稼動している任意のプロセスをモデリングするクラスです。クラスは、Common Information Model (CIM) と呼ばれる拡張可能スキーマに基づいています。CIM スキーマは、Distributed Management Task Force ( http://www.dmtf.org) の公開規格です。
WMI には、上記のほか、イベント処理、リモート処理、クエリ処理、ビュー、スキーマのユーザー拡張、情報取得などの機能もあります。


カタカナと英語が多くて、読むのがイヤになりますね。
取りあえず

Windows 管理技術の中核を担っています。

WMI はコンピュータ システムの内部状態に関する情報を示します。

と書いてあるので、コンピュータの内部状態を教えてくれる大事な何かでしょう。

WmiMgmt.msc6

Windows 7を例に取ると「WmiMgmt.msc」の本体は

%systemroot%\system32\WmiMgmt.msc

にあります。
こいつをダブルクリックすると、管理用ツール「WMI コントロール」が動き出します。

あるいは、コマンドプロンプト(コンピュータに詳しい人が使う黒い画面)を起動して

WmiMgmt



WmiMgmt.msc

と入力したり、スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」の欄に

WmiMgmt.msc

入力して、出てくる「WmiMgmt.msc」をクリックしても同じ結果になりますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「WmiMgmt.msc」ってファイルを見かけたら「ダブルクリックするとWindowsの管理用機能『WMI コントロール』画面が開くんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク