[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

辞書攻撃 (dictionary attack)

pointこの用語のポイント

pointパスワードとか暗号を解読する際の手法だよ

point辞書に載っている単語と一致するかを片っ端から試していくよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

辞書攻撃 (dictionary attack)とは

パスワードとかを解読する際のやり方のひとつで、辞書に載っている単語や、単語を少し変えたものを片っ端から試していくやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

辞書に載っている単語を片っ端から試していくぜ!なパスワード暗号の解読方法が「辞書攻撃」です。
悪い人がパスワードとかを解析するときに(専用のソフトを使って)やります。

辞書攻撃

例えば、ここにパスワードを入力する画面があったとしましょう。

辞書攻撃2

世の中には、ペットの名前や好きな食べ物など、パスワードに意味のある単語を使う人が少なからず、います。
覚えやすいからです。

だったら、意味のある単語を片っ端から試していったら、どうでしょう。
無作為に文字を組み合わせて試すよりも、一致する確率は上がる気がしますよね。

辞書攻撃3

そう考えて、辞書に載っている単語を片っ端から試していくのが、辞書攻撃です。
中には、単語そのままではなく、大文字・小文字を変えたり、他の単語とくっつけたり、応用力のあるソフトも出回っています。
なかなか油断できない状況です。

辞書攻撃4

一般的に「パスワードを作るときは、大文字・小文字を混ぜたり、数字を混ぜたりして、できるだけ意味のある単語を避けましょう」と言われるのは辞書攻撃に対処するためです。
ぐちゃぐちゃにすればするほど、辞書攻撃でパスワードを当てるのは難しくなります。
悪い人にパスワードを盗まれる可能性が下がる理屈です。

パスワードに数字しか使えないような状況の場合は、試せる回数を減らします。
例えば「3回連続で間違えたら、使えなくする」とかですね。
銀行の暗証番号などは、こちらのやり方で守られています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「辞書攻撃」って単語が出てきたら「辞書に載っている単語と片っ端から照らし合わせるよ!なパスワードの破り方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク