[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ゼロパディング (zero padding)

pointこの用語のポイント

point数字の左側に「0」を何個かくっつけるよ

point数字を文字に変換するときにやるよ

point文字数を揃えるためにやるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ゼロパディング (zero padding)とは

桁数(文字数)を揃える目的で「12」→「00012」や「345」→「00345」のように左に「0」を何個かくっつけること
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「数字の左に必要な数だけ『0』を付ける」のが「ゼロパディング」です。
数字を文字文字列)に変換する過程で行います。

ゼロパディング

例えば、以下のような数字たちが、いたとしましょう。

12
345
6789


これを、そのまま文字にすると

12
345
6789


になります。
特に変わりは、ありませんね。

ところが、これだと不便に感じるときが、あります。
「桁数を揃えてくれた方が助かるんだけど?」な場合です。

そんなときは、数字の左に「0」を何個かくっつけて、桁数(文字数)を揃えるテクニックを使います。
以下のような形にするのです。

0012
0345
6789


美しい。
見た目が、とっても美しくなりましたね。
キッチリしています。
キチッ!

このように、左に「0」をくっつけて文字数を揃えるのが、ゼロパディングです。
他の言い方で「0埋め」と表現されたりもします。

ゼロパディング2

ちなみに、ゼロパディングの逆、数字(を文字にしたもの)の左にくっついている余計な「0」を消すのは「ゼロサプレス」と言います。

ゼロパディング3

せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

・ゼロパディング:「0」をくっつける
・ゼロサプレス:「0」を取り除く


です。

「どっちがどっち?」と迷うかもしれませんので、私の覚え方を紹介しておきますね。

私は「ゼロサプレス」の「レス」を勝手に「less(レス:より少ない)」と読み替えて「0がもっと少なくなるのね」転じて「0を減らすのね」と覚えています。
あとは、ゼロサプレスじゃない方(0を増やす方)が「ゼロパディング」です。

これで、きっと間違えなくなると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ゼロパディング」って単語が出てきたら「数字の左に0を何個かくっつけて、長さを揃えることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク