[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

分散型サービス拒否攻撃

pointこの用語のポイント

point本来の仕事ができなくなるくらい、みんなで忙しくしてやるぜ攻撃だよ

pointサービス拒否攻撃の「みんなでやったるぜ!」版だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

分散型サービス拒否攻撃とは

「みんなでサービス拒否攻撃」のこと。
もう少し具体的に書くと

みんなで「ね~、ね~。これやって~!これやって~!」と相手の仕事をいっぱい増やしてテンパらせることで、サービスを続けられないようにする嫌がらせのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「みんなで、おまえのやる仕事を増やして、テンパらせてやるぜ!」な攻撃が「分散型サービス拒否攻撃」です。
DDoS攻撃」とも呼ばれます。

世の中には「サービス拒否攻撃」と呼ばれている嫌がらせのやり方が、あります。

サービス拒否攻撃は、相手の仕事をガッツリ増やしてテンパらせることで、サービスを続けられないようにする嫌がらせです。
「あれ、やって~」「これも、やって~」と無駄にいろいろなお願いをして相手を忙しくすることで、他の人にサービスできないようにしたり、過労で力尽きるように仕向けます。

分散型サービス拒否攻撃

このサービス拒否攻撃の発展形が、分散型サービス拒否攻撃です。
サービス拒否攻撃は一人で嫌がらせをしますが、分散型サービス拒否攻撃は複数人で嫌がらせをします。

分散型サービス拒否攻撃2

「複数人で」と言っても「多人数で協力する」という意味では、ありませんけどね。

あくまで「攻撃元が複数ある」という意味です。
例えば、他の人のパソコンを乗っ取ったりして、複数のコンピュータから攻撃を仕向けるように仕向けます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「分散型サービス拒否攻撃」って単語が出てきたら「みんなでいっぱい働かせてテンパらせちゃえ攻撃なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク