[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

シンタックスエラー

pointこの用語のポイント

pointコンパイル時に発生したエラーだよ

pointプログラムの書き方がおかしいよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

シンタックスエラーとは

「構文エラー」のこと。
つまり

プログラムの書き方が間違ってますよエラーのこと
です。
言い方を変えると

プログラムのコンパイル(人間語から機械語への変換)時に発生するエラー
であり

人間語のプログラムをコンピュータさんが分かる形に変換できませんでしたエラーのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「構文エラー」の説明と、ほとんど同じです。既に「構文エラー」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

順番に見ていきましょう。

プログラムというのは一般的に、まず、人間語で元ネタ(ソースコード)を作ります。
人間語で書かれたプログラムの元ネタファイルは「ソースファイル」です。

シンタックスエラー

次に「コンパイル」という作業を通して、コンピュータが分かる形に変換します。

シンタックスエラー2

これでコンピュータさんは、プログラムの内容を理解できるようになりました。
あとは実際に動かすだけです。

シンタックスエラー3

これがプログラムができるまでの流れです。
ここで、コンパイルに注目してください。

シンタックスエラー4

コンパイルは、人間語で書かれたプログラムをコンピュータさんが分かる形(機械語)に変換する作業です。

シンタックスエラー5

このときに発生するエラー、人間語から機械語への変換が上手くできないときに発生するエラーが「シンタックスエラー」です。
構文エラー」とも呼ばれています。

シンタックスエラー6

シンタックスエラーは、人間語で書いたプログラムの内容が間違っていると発生します。

例えば、人間語で以下の処理が書いてあったとしましょう。

1.掃除をしろ

2.洗濯をしろ

3、おっぺけぺー!

4.ご飯を作れ


コンパイルするのがお仕事のプログラム(コンパイラ)は、この内容を機械語に変換していきます。

シンタックスエラー7

1行目には

1.掃除をしろ

と書いてあります。
これを

ソウジヲシーロ

に変換しました。

シンタックスエラー8

2行目には

2.洗濯をしろ

と書いてあります。
これを

センタクヨロシク

に変換しました。

シンタックスエラー9

3行目には

3、おっぺけぺー!

と書いてあります。
これを……何じゃ?こりゃ。

シンタックスエラー10

何が書いてあるのか、よく分かりません。
これでは機械語に変換するのは無理です。

こんなときにコンパイラさんは、どうするでしょう?

答えは

変換を諦める

です。
「分からん……作ったやつに何とかさせよう」と判断して「おい、何かおかしいぞ。出直して来い!」と差し戻します。

シンタックスエラー11

だって、変換できないんですもん。
仕方ないじゃないですか。

これがシンタックスエラーです。
コンパイルのときに発生する「人間語から機械語への変換が、できませんでした!」なエラーです。

シンタックスエラーが発生すると、コンパイルは失敗します。
つまり、動かせるプログラムには、なりません。

原因はプログラムの書き方ミスでしょう。
「いやいや、そんな書き方は、できないよ?」な書き方をしている部分が、あるはずです。

コンパイラさんは優しいやつです。
シンタックスエラーが発生すると「この部分が、よく分からなかったよ!」と教えてくれます。

その部分を見直して、修正してあげてください。
シンタックスエラーがなくなれば、コンパイルは成功するはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「シンタックスエラー」って単語が出てきたら「プログラムの書き方が間違ってるよエラーなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク