[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ブルーLEDマウス (BlueLEDマウス)

pointこの用語のポイント

pointマウスだよ

point底面から青い光が出てるよ

point光の反射でマウスの移動を感知するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ブルーLEDマウス (BlueLEDマウス)とは

電源が入っているときに、ひっくり返して裏面を見ると「うわっ!まぶしっ!」ってなるマウス。
もう少し真面目に書くと

底面から出る青い光(青色LED、ブルーLED)の反射で移動を感知するマウスのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

マウスは「マウスポインタのコントローラ」ね。
マウスをぐりぐりすると、画面に映った矢印(マウスポインタ)が連動して動きます。
コンピュータの世界における手の代わりと解釈してください。

ブルーLEDマウス

昔のマウスは、裏にボールが付いていました。
マウスをぐりぐりすると、ボールがコロコロ動くのです。
このボールのコロコロ具合で、マウスの移動を感知していました。

ブルーLEDマウス2

技術が進歩すると、マウスの裏にくっついているボールは、赤い光(赤色LED)に置き換えられました。
ボールがコロコロだと、ホコリが詰まって上手く転がらなかったりしますからね。
光の反射でマウスの移動を感知するようになったのです。

ブルーLEDマウス3

この「赤い光の反射で移動を感知するマウス」を「光学式マウス」と言います。
底面から赤い光が出ているので、裏返して見ると「うわっ!まぶしっ!」となることでしょう。

ブルーLEDマウス4

先に光学式マウスの仕組みを説明しておきます。
光学式マウスとブルーLEDマウスの違いは、赤い光を使うか青い光を使うかです。
仕組み自体は同じなので、頑張って読んであげてください。

それでは、光学式マウスの仕組みを見ていきます。

まず、赤い光をビーッ!と出して、跳ね返ってきた光をパシっと受け取ることで、光の当たった場所の状態を認識します。
ちょっと違いますが、光が当たったところに目印を付けると思ってください。

ブルーLEDマウス5

ピヨ太君がマウスをぐりぐり動かしました。

ブルーLEDマウス6

このとき、マウスの立場で見ると、目印が動きます。
車に乗って窓の外を眺めると、風景が後ろに流れますよね。
それと同じです。
実際にはマウスが移動していますが、マウスにとっては目印が動いているように見えます。

ブルーLEDマウス7

仮に、目印が上に動いたとしましょう。
これは、マウスが下に動いたことを意味します。

ブルーLEDマウス8

マウスが下に動いたので、マウスカーソルも下に動きます。

ブルーLEDマウス9

あとは、これの繰り返しです。

目印を付ける(位置を認識する)
 ↓
目印が移動する
 ↓
マウスの移動を感知する
 ↓
マウスカーソルを動かす


の流れになります。

これが光学式マウスの仕組みです。

光学式マウスの肝は

赤い光の反射で目印を付ける(位置を認識する)

です。
これが上手くいかないと、マウスとして機能しません。

ところがですね。

困ったことに、光の当たる場所の材質がツルツルだったりピカピカだったりすると、上手く目印が付けられないのです。

1.光が上手く反射しない
2.目印になるようなものがない


からです。

1は分かりますよね。
光の反射で目印を付けるので、光が反射してこないと目印を付けられません。

2は……そうですね。
デコボコ材質が建物のある場所だとしたら、ツルツルピカピカは砂漠のど真ん中です。
凹凸がないので、目印にするようなものがありません。
どこまで行っても同じ景色ですからね。

そのため、ガラステーブルの上などで使おうとすると、光学式マウスは上手く動きません。

ブルーLEDマウス10

そこで、赤い光(赤色LED)の代わりに、レーザーを使ったマウスが作られました。
レーザーを使ったマウスは、赤い光を使ったマウスよりも、スゴイやつです。
バッチリ反射して、細かい凹凸も感知してくれます。

ブルーLEDマウス11

この「レーザーの反射で移動を感知するマウス」を「レーザー式マウス」と言います。
レーザーは人の目に見えません。
裏返して見ても「うわっ!まぶしっ!」とならない優れものです。

ブルーLEDマウス12

さらに技術が進歩して、レーザー式マウスよりスゴイやつが出てきました。
青い光(青色LED、ブルーLED)の反射で移動を感知するマウスです。
青い光を使ったマウスは、レーザー式マウス以上に、ツルツルピカピカでも使える優れものです。
レーザーよりもバッチリ反射して、細かい凹凸を感知してくれます。

ブルーLEDマウス13

この「青い光の反射で移動を感知するマウス」が「ブルーLEDマウス」です。
底面から青い光が出ているので、裏返して見ると「うわっ!まぶしっ!」となります。

ブルーLEDマウス14

ブルーLEDマウスも、仕組みは光学式マウスやレーザー式マウスと同じです。
反射させるものとして、赤い光(赤色LED)を使うか、レーザーを使うか、青い光(青色LED、ブルーLED)を使うかの違いです。

ブルーLEDマウス15

せっかくなので、全部まとめて覚えてあげてください。

どこでも使える度は

(ツルツルOK)ブルーLEDマウス > レーザー式マウス > 光学式マウス(ツルツルNG)

です。
お金がある人は、ブルーLEDマウスを買えば良いと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ブルーLEDマウス」って単語が出てきたら「青い光の反射で移動を感知するマウスなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク