[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

403エラー

pointこの用語のポイント

pointホームページを見ているときに出るエラーだよ

point「そのページは君には見せないよ」と言っているよ

point見る権限がないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

403エラーとは

ホームページを見ているときに出てくるエラーのひとつ
であり

「そのページは君には見せないよ」なエラーのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずはホームページが表示される流れについて簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

あなたがホームページを見ようとすると、まず、ホームページを見るときに使うソフトWebブラウザ)からホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)に対して「このページをおくれ」なお願いが出されます。

403エラー

そのお願いに対して、WebサーバさんからWebブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事がきます。

403エラー2

お返事を受け取ったWebブラウザさんは、受け取った内容(ホームページのファイル)を画面上に表示してくれます。

403エラー3

これが、ホームページが表示されるときの流れです。

さて、この流れにおいて、最初にWebブラウザさんからWebサーバさんに対して「ファイルをおくれ」なお願いが出されました。

403エラー4

実はこのとき、Webサーバさんは「あー、ごめん。そのファイルは渡せないわ」と断る場合があります。

403エラー5

Webサーバさんが断る理由は、いろいろです。
「指定されたファイルを持っていない」「おまえのことが嫌いだから渡したくない」「お腹が痛くて、それどころじゃない」などなどです。

とはいえ、Webブラウザさんからすれば困りますよね?
「えー。なんで断るんだよー。イジワルするなよー」と思うはずです。

403エラー6

そこでWebサーバさんは、断る理由を、理由に対応する数字で伝えます。
「○番の理由により、ファイルを渡せないんだわ。ごめんね」と教えてあげるのです。
そうすれば、Webブラウザさんも納得してくれるでしょう。

403エラー7

Webサーバさんが断るときに使う「理由に対応する数字」は1種類ではありません。
いろいろ、あります。

その「いろいろ」のひとつに「403」があります。

数字「403」に対応する理由は「そのページは君には見せないよ」です。
「このページをおくれよ」の「このページ」を見る権限をWebブラウザさんが持っていないときに「403番の理由により、ファイルを渡せないんだわ。ごめんね」と返します。
意味は「そのページは、おまえには見せられないのよ。だからファイルを渡せないんだわ。ごめんね」です。

403エラー8

以上を踏まえて、ホームページを見ているときに出てくるエラーのひとつで「そのページは君には見せないよ」なエラーを意図する俗称が「403エラー」です。
403エラーは、Webサーバから「403番の理由により、ファイルを渡せないんだわ。ごめんね」と返ってきた状態を指します。

403エラー9

403エラーが出る理由は「見る権限がない」です。

あなたが指定したURL(ホームページの住所)は間違っていません。
あなたが「見たい!」と言ったファイル(もしくはディレクトリ)は確かにあります。

でも、おまえには見せてやらねー!

そんな熱い想いが詰まったエラーです。

対処方法は特にありません。
「あー、見られないんだなー」と思うだけです。

403エラーが出る原因は、Webサーバの設定で「見せねーよ!」になっているからです。

あなたのパソコンの設定をあれやこれやしても見られるようにはなりません。
素直に諦めてください。

……本当のことを言うと、パソコンさんの設定を変更することで何とかなる場合もありますけどね。
よく分からないと思うので、気にしないでください。

えっ?
それでも気になるのですか?
仕方ないですねー。

それでは、さらっと流して書いておきます。

まとめて「403エラー」と表現するしましたが、実は、さらに細かい枝番があります。

403.1:実行させないよ
403.2:見せないよ
403.3:変更させないよ
 ・
 ・
403.6:そのIPアドレスは拒否してるぜ
 ・
 ・


のように「403」の後にも数字が続くのです。

はい、ここで「403.6」に注目してください。
「403.6」のエラーは「そのIPアドレスは拒否してるぜ」なエラーです。

それなら対処法は簡単ですね。
パソコンさんのIPアドレスを変えてしまえば良いのです。
拒否されていないIPアドレスで見に行けば、そのページが表示されます。

このように、403エラーが出ている原因次第では、パソコンの設定変更で何とかなる場合もあります……が、何ともならない場合がほとんどです。
403エラーが出たら素直に諦めてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「403エラー」って単語が出てきたら「『そのページは見せないよ』なエラーなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク