[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ドデカコアプロセッサ (dodeca core processor)

pointこの用語のポイント

pointCPUだよ

pointコアが12個あるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ドデカコアプロセッサ (dodeca core processor)とは

ドデカコアなプロセッサ。
つまり

コアが12個あるCPU(パソコンの脳みそ)のこと
です。
もう少し柔らかく書くと

脳みそが12個あるCPUのこと
となります。

image piyo

詳しく書くよ

ドデカコア」+「プロセッサ」で「ドデカコアプロセッサ」です。

ドデカコアプロセッサ

先に「プロセッサ」について説明します。
ここで登場するプロセッサは「CPU」のことだと解釈してください。

CPUは「実際に計算したりあれやこれやの処理を実行するパソコンの部品」ね。

ドデカコアプロセッサ2

パソコンさんの脳みそに相当する部品です。

ドデカコアプロセッサ3

「ドデカコア」の「コア」は「CPUの脳みそ」です。
CPUの中核で、実際にお仕事をする部分になります。

ドデカコアプロセッサ4

そのコアがドデカ(12個)なのです。
ドデカコアは「1つのCPUの中にコアが12個ある状態」と言えます。
脳みそが12個ある状態です。

ドデカコアプロセッサ5

それを踏まえて「脳みそ(コア)が12個あるCPU」が「ドデカコアプロセッサ」です。

脳みそが12個あるので、一度に12個のお仕事ができます。
つまり、並行処理ができるということです。

ドデカコアプロセッサ6

ちなみに、単に「ドデカコア」と言った場合は、ドデカコアプロセッサを指している場合も少なくありません。
あくまで私の解釈ですが

(1)ドデカコア:CPUの脳みそが12個ある状態
 ↓
(2)ドデカコアプロセッサ:脳みそが12個あるCPU
 ↓
(3)ドデカコア:ドデカコアプロセッサの省略表現(脳みそが12個あるCPU)


のように理解しています。

(1)と(3)を混同すると、混乱するかもしれません。
ご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ドデカコアプロセッサ」って単語が出てきたら「コアが12個あるCPUなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク