[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

302リダイレクト

pointこの用語のポイント

pointホームページ関連だよ

pointあるページから別のページに転送するよ

point「一時的に移転しま~す」なときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

302リダイレクトとは

「一時的に移転しま~す」なときに使うHTTPリダイレクトのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

HTTPリダイレクト」はホームページ関連で「あるページから別のページに転送すること」です。
引越し前の住所に届いたお手紙を引っ越し先に転送するイメージですね。
この引っ越しが「一時的に移転しま~す」なとき、つまり「いずれ前の住所に戻るよ」なときに使うのが「302リダイレクト」です。

ちなみに「ずっと移転しま~す」な場合は「301リダイレクト」を使います。

「302リダイレクト」も「301リダイレクト」も「ホームページの転送」という動作は一緒です。
違うのは役割と言うか意味合いだけですね。

SEOを気にする人は違いを意識した方が良いみたいです。
2013年8月現在、検索エンジンさんは302リダイレクトはページの評価を転送先に移さないのに対し、301リダイレクトはページの評価を転送先に移しちゃうようですよ。

「302リダイレクト」が「出張」で「301リダイレクト」が「転勤」みたいなイメージでしょうかね。

ホームページさんの出張ってどんなのでしょうね(--?
恐らく「302リダイレクト」を使う機会はあまり多く無いと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「302リダイレクト」って単語が出てきたら「『一時的に移転しま~す』なときに使うページの転送なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク