[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

準正常系

pointこの用語のポイント

point準正常系テストだよ

point準正常系テストで多分するよね!な操作だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

準正常系とは

「準正常系テスト」の省略表現。
つまり

想定の範囲内だけど歓迎していない状況に対して、きちんと対処できるか確認する作業
です。
あるいは

「準正常系テストをやったら、こんな感じでポチポチしたりするよね?」な操作のこと
を指します。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「準正常」と「準正常系テスト」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

準正常は「正常でも異常でもない」言い方を変えると「正常でもあり異常でもある」です。
「○(まる:正常)」「×(ばつ:異常)」で言えば「△(さんかく)」ですね。

準正常系

準正常系テストは「想定の範囲内の予定外を起こして、きちんと対処できるか確認する作業」です。

例えば、ピヨ太君が、自動ロボット「ピヨピヨ28号」の動作テストをしたとしましょう。

準正常系2

ピヨピヨ28号の燃料が残り少なくなったときに安全な場所に撤退するかを確認するのが準正常系テストです。
想定の範囲内だけど歓迎していない状況に対して、きちんと対処できるか確認する作業を指します。

準正常系3

運動すれば、お腹が空きます。
動いていれば、燃料は減ります。

当たり前です。

燃料が残り少なくなることは、ある意味では予定通りです。
ですから、異常(予定外)では、ありません。

ただし、ピヨピヨ28号は「燃料を消費して動く」のが前提です。
燃料が残り少ない状況は歓迎できません。

この状況を「正常(予定通り)」と呼ぶのは、少し抵抗があります。
燃料がたくさん入っている状態こそが「正常(予定通り)」でしょう。

そんな

正常でも異常でもない

見方を変えると

正常だけど異常でもある

状況を用意して「ちゃんと動くよね?」を確認するテストが準正常系テストです。

以上を踏まえて、準正常系テストの省略表現が「準正常系」です。

あるいは、準正常系テストでするような操作、今回の例で言えば「燃料が残り少なくなった状態で安全な場所に撤退する(撤退させる)」が「準正常系」です。

……というのが、私の理解している「準正常系」です。

他にも、いろいろな意味が、あるかもしれませんけどね。
よく分からないときは

準正常統(の何か)

もしくは

正常系と異常系の中間っぽいやつ

と読み替えてください。
それで、ある程度の意味は把握できるはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「準正常系」って単語が出てきたら「準正常系テストのこと、もしくは、準正常系テストをするときに行うであろう操作のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク