[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

準正常系テスト

pointこの用語のポイント

pointきちんと動くかの確認作業だよ

point本来のお仕事でやる予定ではないけど想定の範囲内の状況を用意して、きちんと動くかを確認するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

準正常系テストとは

想定の範囲内だけど歓迎していない状況に対して、きちんと対処できるか確認する作業
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「あー、想定はしていたけど本来の仕事では予定していなかった状況になっちゃったねー。こんな状況にもきちんと対処できるよね?大丈夫だよね?」を確認する作業が「準正常系テスト」です。
「○(まる:正常)」「×(ばつ:異常)」で言えば「△(さんかく:準正常)」を確認する作業ですね。

準正常系テスト

テストをやるときには、その種類を

1.予定しているお仕事を予定通りにこなせるか確認する
2.想定外のことを起こして、きちんと対処できるか確認する
3.想定はしているけど予定していないことを起こして、きちんと対処できるか確認する


の3つに分類して行うのが一般的です。
それぞれを

1.正常系テスト
2.異常系テスト
3.準正常系テスト


と呼びます。

例えば、ピヨ太君が、自動ロボット「ピヨピヨ28号」の動作テストをしたとしましょう。

準正常系テスト2

燃料が十分にある状態で「ちゃんと動くかな?」を確認するのが正常系テストです。
予定しているお仕事を予定通りにこなせるか確認する作業を指します。

準正常系テスト3

間違って燃料の代わりにジュースを入れちゃってもピヨピヨ28号が壊れないかを確認するのが異常系テストです。
想定外のことを起こして、きちんと対処できるか確認する作業を指します。

準正常系テスト4

最後に、燃料が残り少なくなったときに安全な場所に撤退するかを確認するのが準正常系テストです。
想定の範囲内だけど歓迎していない状況に対して、きちんと対処できるか確認する作業を指します。

準正常系テスト5

運動すれば、お腹が空きます。
動いていれば、燃料は減ります。

当たり前です。

燃料が残り少なくなることは、ある意味では予定通りです。
ですから、異常(予定外)では、ありません。

ただし、ピヨピヨ28号は「燃料を消費して動く」のが前提です。
燃料が残り少ない状況は歓迎できません。

この状況を「正常(予定通り)」と呼ぶのは、少し抵抗があります。
燃料がたくさん入っている状態こそが「正常(予定通り)」でしょう。

そんな

正常でも異常でもない

見方を変えると

正常だけど異常でもある

状況を用意して「ちゃんと動くよね?」を確認するテストが準正常系テストです。

なお、正常、異常、準正常の区切りは、お仕事現場によって違ったりします。
区別に迷ったときは、現場の人に確認してください。

例えば、ピヨ太君が、指定期間内の入出金の明細を出力するプログラムを作ったとしましょう。
年月日を指定して「実行」ボタンを押すと、指定期間内の明細がファイルに出力されます。

準正常系テスト6

出力できる明細は最大で過去1年分です。
お客さまに「1年以上前の明細なんて、見ないから!」と言われたからです。

ピヨ太君は気を利かせて、集計開始日に1年以上前の日付を指定された場合は、入出金の明細(過去1年分)と明細を合算した合計(1年以上前の分)を出力するように作りました。

準正常系テスト7

この状況で、以下のテスト項目を実施したとします。

■操作内容
・過去2年分の期間を指定してファイルを出力する

■確認内容
・ファイルが出力されることを確認する
・過去1年分の明細が出力されることを確認する
・1年以上前の分が合算して出力されることを確認する


このテスト項目は、正常系でしょうか?
異常系でしょうか?
それとも準正常系でしょうか?

私の感覚では、このテストは準正常系です。

お客さまが予定している使い方は

過去1年以内の期間を指定して明細を出力する

だからです。
1年以内の明細に対して「ファイルに出力されるか?」や「数字が合っているか?」を確認するテストが正常系テストとの理解です。

過去2年分の期間を指定するのは、予定している使い方では、ありません。
「正常(予定通り)」と呼ぶのは、少し抵抗があります。

ですが、異常(予定外)では、ありません。
歓迎はしていませんが、想定の範囲内です。

よって、私は、このテスト項目を準正常系テストに分類します。

でも、待ってください。

過去2年分の期間を指定して動かすのも、プログラムの動きとしては正常ですよね。
想定外のことは、1つも起きていません。
予定通りといえば予定通りです。

そのように考える人は、このテスト項目を正常系テストに分類するはずです。
そして、それを間違いとは言えません。

このように、観点や捉え方によって、同じテスト項目でも違う分類にできたりします。

正常と異常は、比較的、区別しやすいですけどね。
正常と準正常、準正常と異常の区別は、近くにいる偉い人(上司とかリーダーとか)の解釈に合わせてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「準正常」って単語が出てきたら「想定の範囲内の予定外を起こして、きちんと対処できるか確認する作業なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク