[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

警告 (warning)

pointこの用語のポイント

pointメッセージの種類だよ

point「ヤバいかもだけど、頑張ってるよ」だよ

point「できるけど、できれば止めてね」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

警告 (warning)とは

正常と異常の間。
もう少し具体的に説明すると

プログラムから出力されるメッセージの種類を表す用語で「あー、まぁ、気にしなくても大丈夫かもしれないけど、できれば気にしてよ」や「できなくはないけど、できれば止めてくれないかな?」なメッセージのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

世間一般で使われる「警告」は「強めの注意」のような意味ですが、IT関係で出てきた場合は、少しニュアンスが変わります。

IT関係で出てきた場合は「ヤバそうだったけど、取りあえず大丈夫!でも、できれば何とかして!」あるいは「あー、それは確かにできる!できるよ!でもね。できれば止めてくれないかな?」を意味するメッセージが「警告」です。
ワーニング」とも表現されます。

警告

作り方にもよりますけどね。
一般的なプログラムは、お仕事をする上で、様々な出来事をメモっています。

例えば「処理を始めました!」「眠いけど、お仕事を続けています!」「お腹が痛いので、お仕事を止めてトイレに行きます!」などです。

このメモを「ログ(log)」と呼びます。
ログの意味は「記録」です。

警告2

さて、ログには様々な内容が記録されますが、一般的には以下の3種類に分けられます。

1.ヤバいことになった!何とかして!
2.もしかしたら、ヤバいことになるかもしれないよ!できれば見てね!
3.気が向いたら見てね!見なくてもいいよ!


の3種類です。

この3つのうち

2.もしかしたら、ヤバいことになるかもしれないよ!できれば見てね!

な内容が「警告(warning)」です。

警告3

ちなみに

1.ヤバいことになった!何とかして!

は「エラー(error)」です。

警告4

3.気が向いたら見てね!見なくても良いよ!

は「通知(Notice)」と表現されることが多いと思います。

警告5

まとめると以下のようになります。

種類意味状態
エラー(error)ヤバい!!異常
警告(warning)ヤバいかも!?準正常
通知(Notice)ヤバくない正常


警告は、さらに以下の2種類に分けられます。

1.何とかなったっぽいけど、できれば注意して
2.できるけど、できれば止めて


もしかしたら、他にも、あるかもしれませんけどね。
私がパッと思いつくのは2つです。
あと、2は1に含まれるといえば含まれます。
ですが、分けて考えた方が理解しやすいと思います。

それぞれ、例を挙げて説明します。

例えば「眠いけど、お仕事を続けています!」が「何とかなったっぽいけど、できれば注意して」です。

警告6

眠いのは、異常事態です。
放っておくと、マズいことになるかもしれません。

ですが、お仕事自体は続けているようです。
お仕事が止まっていないなら、最優先で対応しなくても大丈夫でしょう。

これが「何とかなったっぽいけど、できれば注意して」です。
「おかしいことはおかしいけど、放っておいても大丈夫かもしれないな~。でも余裕があるなら調べて何とかしてよ」な内容です。

次に「できるけど、できれば止めて」について説明します。

これは……そうですね。
「賞味期限間近のケーキがあるのに、買ったばかりのケーキを食べようとしている」とか、どうでしょう?

警告7

別に買ったばかりのケーキを食べても問題は、ありません。
ですが、できれば古い方を先に消費して欲しいですよね?

これが「できるけど、できれば止めて」です。
「まぁ、ダメとは言い切れないんだけどさ。できれば止めてくれないかな?」な内容です。

共通するのは「おかしいけど、おかしくない(おかしくないけど、おかしい)」です。
正常と異常の間を指す用語が「警告」です。

せっかくなので

通知:正常
警告:準正常(正常と異常の間)
エラー:異常


は、全部まとめて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「警告」って単語が出てきたら「『もしかしたらヤバいかも!』なメッセージなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク